都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 日本の借金は1,000兆円

   

定番都市伝説 日本の借金は1,000兆円について書こうと思います。

2018年、日本政府の借金はついに1,000兆円という歴史的な大台を突破してしまった。

日本政府の借金に関しては以前から議論の対象となっていた。

日本政府がこのまま借金を続けたら日本は破産してしまうのではないだろうか?

という都市伝説である。

日本の借金は2018年に1,000兆円を超えた。

これは日本の経済規模の2倍に当たる金額だ。

つまり、年収が500万円の人が1000万円の借金を抱えているようなものだ。

返済にはかなりパワーを要する。

しかもやっかいなのがこれがどんどん膨らむ傾向にある事なのだ。

実は、日本の借金の90%以上が国債という日本が日本国民にしている借金なのだ。

なので、親が子供に借金しているようなもので、返済期限がそんなに厳しくないし、融通が利く。

子供にしている借金ならもしもの事があっても、「ごめーん、返せなくなっちゃったけど許して!」

みたいな事も言える可能性がある。

日本国民と日本企業、日本政府が持っている純粋な資産の額は5,500兆円と言われている。

それを考えるとまだ余裕はあるのかもしれない。

デフォルトする国は大抵、借金を海外にしていて、他の国から請求されたお金を返す事ができなくなってデフォルトするので、日本の今の状況とはかなり違う。

日本は逆に海外に240兆円くらいのお金を貸しているそうだ。

日本政府がデフォルト(国家破産)するかどうかの都市伝説は謎に包まれている。

なぜなら。今まで日本はこんなに多額の借金をした経験がないから、だれもこれからどうなるかなんてわからないのである。

しかし、借金の事実は事実だ。

デフォルト説かデフォルトしない説、どちらをとるかはあなたしだいである。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説