都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 富士演習場の怪

   

地域都市伝説 富士演習場の怪について書こうと思います。

東と北、2つの演習場に区分けされている富士演習場だ。

毎年夏になると、東側で総合火力演習が開催され、全国から自衛隊ファンが集まって見物するという、現地の風物詩として有名である。

場所が場所だけに付近では民家もまばらだ。

しかも、すぐ近くには富士の樹海までが存在している。

このため演習では、戦車砲が迫力満点に火を吹く様子が間近に確認出来る。 相当に楽しめること間違いなしのこの演習だが、その迫力とは裏腹に、普段の演習場はどことなく不気味な雰囲気に包まれているという。

そもそも現地は旧日本軍の時代から、付近でも飛び抜けて有名な心霊スポットとして認識されてきたというのである。

霊感があろうとなかろうと、ここで演習をしている自衛隊員のほとんどは、何がしかに遭遇することを避けることは出来ないというほどだ。

足音や人の気配などは日常茶飯事で、しっかりと見えてしまう隊員も枚挙に暇がない。

特に、大日堂と呼ばれる場所は中でも別格で、もう何かおかしな物が出てこない方が稀とまでいわれる、最強のスポットだともっぱらの噂だ。

当然、一般人の立ち入りなどは不可能だが、見方によってはそれは正解かも知れない。

あまりに「出る」ので、一般人に不安を与えないために自衛隊の人々が囲っているという考えだって出来るのだから。

自衛隊の施設は、そのほとんどが旧日本軍から引き継いで使われており、ここ以外でもおかしな現象が多発する施設は多いとされている。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説