都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 山梨の山に潜む怪異

   

地域都市伝説 山梨の山に潜む怪異について書こうと思います。

オオクワガタの採集地として日本でも有数の人気スポット、山梨県だ。

今でも天然物の国産オオクワガタが採集可能という稀有な土地である。

しかし、ここで昆虫採集をする人々は、大抵、不思議な思いをすることになる。

オオクワガタは他の昆虫とは活動する時間帯が異なり、とにかくとっぷりと世も更けた頃に、大木のうろからノソノソと現れる。

だから採集したいのならば、深夜にこっそりと山に入る必要があるのだが、このスポットではほとんどの採集者が、道に迷った登山者に声を掛けられるそうだ。

深夜になっても、ビバークもせずに動き回る登山者など、ちょっと冷静になれば存在するはずもない。

しかし、実際に目の前に現れ、下山するまでの道のりを聞いてくるその様子は、どう見ても生きた人間そのものなのだ。

町に下りるまでの道のりを教えると、この登山者はお礼をいった後、黙々とその方角に向けて歩いていくという。

時に親切な遭遇者は「車で送りますよ」と提案して追いかけることもあるのだが、一度歩き出すとこの登山者は延々口を利かなくなってしまうそうだ。

それでも熱心に追いかけていると、ふいに彼は消えてしまい、そこではじめて幽霊だったことを悟らせるというから気味が悪い。

昆虫採集のメッカとして有名だったこのスポットが、夏になってもほとんど深夜の採集者の来訪が途絶えてしまったのは、この登山者が大きく影響しているのではないだろうか。

今でもこの山の中では、麓を目指して右往左往する登山者が闊歩し続けているのかも知れない。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説