都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

歴史都市伝説 呪われた石の存在

   

歴史都市伝説 呪われた石の存在について書こうと思います。

これは、明治末期から大正時代の前半にかけて喧伝されていた都市伝説である。

ある財閥を統べる資産家一族の邸宅には、ある家宝とも呼べる品物が大切にしまわれていたという。

この品物は非常に美しく、彼らの先代が何処からか譲り受けたというのだ。

それは出自不明の岩石のかけらであった。

折りしも、この石を手に入れて以降、一族の人生は見事に好転した。

そして稼業は順調に進み、あっという間に彼らは関東でも指折りの名士となることができた。

しかし、折角の栄華も、ろくろく味わう暇もないまま、石を手に入れた先代は逝去した。

その体はグズグズと煮込んだように傷んでいた。

一族の中には、遺産相続の際に声高に分与を主張する者もあり、中でも最も強欲な人物が、件の石を強引に我が物にした。

そしてこの人物もまた、同じく無惨に逝去してしまった。

ここにきて一族は、災いの禍根がこの石ではないのかと考えるに至り、東京帝国大学の西田篤教授に鑑定を依頼することとした。

西田教授は、まさしくこの石こそが災いの根源であることを確信した。

鉛でできた箱に石を詰め、完全に密封してから自分が引き取ることにした。

一族の誰も反対しなかったそうだ。 かくして石は、西田教授の監視下に置かれた。

彼の目から石が逃れることになったのは、それからすぐ後に発生した関東大震災以降である。

教授はこの震災で命を落とし、石の行方は、鉛の箱ごと分からなくなってしまった。

今でも各地を点々としているという噂もある。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 歴史の都市伝説, 都市伝説