都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 怪人マッドガッサー

   

世界の都市伝説 怪人マッドガッサーについて書こうと思います。

アメリカイリノイ州のとある街に、黒ずくめの怪人が現れた。

怪人はガスマスクを被り、背中に小型のボンベを背負っていた。

その中央部からはホースが伸びており、先にはノズルが装着されていた。

夕暮れ時、仲のよさそうな家族の団欒を怪人が見かけると、その体勢を低くして忍び寄った。

少しの隙間を見つけると、そこにノズルを差込む。

「…なんだ、この甘い匂いは」 異変に気づいた父親は周囲を見渡す。

「パパ、なんだか喉が痛い!」 「大丈夫か、どこからかガスが漏れているのかも知れない」

そこまで聞いた怪人は、堪らずに家の中に上がり込み、奇声を上げながらガスを部屋中に撒き散らす。

「誰だお前は!止めろ!」 家長が取り押さえようとした。

しかし怪人は哄笑を漏らしながらガスを噴出し続けたのだ。

そして父がしまっていた拳銃を取り出すのを見ると、そのまま逃走してしまった。

走り出した怪人は、また別の邸宅に侵入し、ここでもガスを振り撒いた。

住人の激しい抵抗を退けて、ノズルを振り回す怪人。

やがて遠くからサイレンの音が聞こえ始めると、踵を返して室外に飛び出した。

多くの保安官に追跡されながらも、遂にこの怪人は姿を隠すことに成功した。

怪人はマッドガッサーと呼ばれ、以来この地域に時折現れては、多数の犠牲者を出すこととなる。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説