都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

生き物都市伝説 南極物語タロとジロの真実

   

生き物都市伝説 南極物語タロとジロの真実について書こうと思います

極限の環境を生き抜いた2匹の犬の生還劇を描いた「南極物語」である。

その南極観測隊は昭和基地での越冬が大変な悪天候により中止となる。

諸事情により15匹いた犬を泣く泣く南極大陸に置き去りにしてしまう。

犬が生きていける環境ではない、全頭死んでしまっただろうと誰もが思っていた。

再度、南極大陸に行くとタロとジロの2匹が生きていたのだ。

2匹は隊員を見つけると、やせ細った体で懸命に駆け寄ってくる。

映画の大筋はこの様な感じだ。

この映画は実話を元に作られていて、大まかな流れは事実と一致している。

しかし感動のラストシーンには結構な脚色がある。

タロとジロの2匹を実際に発見したときの様子は映画とはかなり違っていた。

南極ではアザラシやペンギンが食べ放題だったらしく、2匹ともぷくぷくと太っていたのだ。

そして隊員の姿を見つけても駆け寄って来ることはせず、むしろ逃げ出す始末であった。

隊員達は逃げ回る2匹を捕まえるのに相当苦労したという。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 生き物都市伝説, 都市伝説