都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 伊豆諸島に存在する海難法師の呪い

   

地域都市伝説 伊豆諸島に存在する海難法師の呪いについて書こうと思います

伊豆諸島では1月24日を海難法師が島々を廻る日として畏れられている。

その日は早く床に就いて外出を慎んで静かに過ごす。

これは海難法師という亡霊に遭わないためで、もしも海難法師に遭ってその姿を見てしまったら凶事が降りかかると云われている。

海難法師の正体については複数の伝説がある。

その一つとして、民衆を苦しめた悪代官の御一行だったとも云われる。

代官が行う厳しい年貢の取り立てに困り果てた島人達は、この調子で島廻りをされては他島の人にも迷惑が掛かるということで故意に海が荒れる日に出港を勧めた。

代官が乗る船は大きな波にのまれて海の藻屑となったのだ。

別の伝えでは、代官の無慈悲に憤った25人の若者が暴風雨の日に悪代官を乗せて船を出し、沖合で船の栓を抜き海に沈めたいう話もある。

義のためとは言え、役人殺しという大罪を犯した若者達を島に上げては皆が罪を被ることになるので島人達は上陸を拒否した。

その結果、若者達を乗せた船は時化の海に飲み込まれてしまった。

若者24人の霊は日忌様と呼ばれ、伊豆大島には祠が祀られているのだ。

このように海難法師とは恨みを持った海難者の霊であり、その姿を見てしまった者は気が狂ったり、死んでしまうということだ。

伊豆諸島では1月24日は元々が物忌みの日だったらしく、亡霊や悪鬼、もしくは神々の類が海の向こうから来訪する日であったと考えられる。

御蔵島では海難法師ではなく〝忌の日の明神”という異形の神様が来訪するという云われであることからも、1月24日がどの様な日であったかがうかがえる。

いずれにしろ、1月24日は異界からの来訪者が島々を訪れる日で、幸ではなく禍(わざわい)の方を運んで来るようだ。

来訪者の厄災を避けるために、島々の戸口にはトベラという植物を挿す。

トベラは枝を折ると悪臭を放つため、魔除けの効果があると信じられている。

現代においても1月24日の禁忌はしっかり守られており、

・玄関に魔除けの植物を挿す ・日が落ちてからは外に出歩かず、決して海を見ない ・静かにして早く寝る 恐るべき物忌む日となっている。

来訪者の姿は錫杖を持った坊主、海を走るたらいの船、もしくは25人の亡霊の集団とも云われる。

来訪者に縁のある旅館や旧家では、その日霊を迎え入れ鎮める謎めいた儀式を行うという話である。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説