都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 北海道摩周湖に生息する巨大生物

   

地域都市伝説 北海道摩周湖に生息する巨大生物について書こうと思います

北海道川上郡弟子屈町に存在するのだ。

北海道遺産として管理されるようになった世界で2番目に透明度の高い湖、摩周湖。

湖面は透き通るような青色だ。

この美しい色合いは世界中の景勝地の中でも指折りのものとなっている。

ここ摩周湖には、ウチダザリガニという外来種が繁殖しているのだ。

そしてこのザリガニのサイズはせいぜい10センチから20センチ程度。

ところが1982年には、密漁業者によって甲長だけでも40センチを超える大物が捕獲された。

という記録が残されている。

美しい湖には似つかわしくない、大きな甲殻類を育む環境にあるようだ。

だが、こんなものはまだ序の口だ。

摩周湖には、その道のマニアにはよく知られた、主の噂があるのだ。

その主とは、とんでもなく巨大なウチダザリガニ。

周囲を山々で囲まれ、容易に人が立ち入れない環境で、

何十年も掛けて脱皮を繰り返し、際限なく巨大化したザリガニがいるというのだ。

大きさは、既に1メートルを超えているとされていると言われている。

これが仮に甲長ならば、足の先から爪までを計測すると、2メートルには達しているということになる。

しかも、甲殻類は、脱皮に失敗しない限りかなり長い間生きることが証明されている。

最早、外敵など皆無であろうこの巨大なザリガニは、きっと摩周湖の底で、今も餌を求めて這い回っていることだろう。

万が一こんな怪物と出くわしてしまえば、命の保証はない。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説