都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 苗字の画数

   

定番都市伝説 苗字の画数について書こうと思います

名前は、最初に個人に与えられる、最大の個性といわれている。

名前のない人間なんて先進国にはほとんどいない。

どんな人であれ、親が苦心して付けた名前というものがある。

最近ではキラキラネームという、子供の将来に間違いなくデメリットを生じさせるであろう名前を付ける親も増えているが、やはりしっかりと名付ける際にはそれなりに労力を使った方がいいようだ。

というのも、名前の画数をしっかりと考慮しておくことで、その子の人生を好転させることができるとされているからだ。

中国でも古来から画数は人生に大きな影響を与えるとされていたし、日本でも画数を占いの診断に取り入れる占い師は多い。

基本的に名前とは、苗字と下の名前の合計画数で幸不幸を判定してしまうのだが、当然苗字ばかりは最初から決まっている。

そしてこの苗字だけをとっても、大成しやすい家系、不幸に見舞われやすい家系など、色々な特長が備わっている。

さて、ここからが本題。 この苗字の画数が合計14の場合は、特に不幸な目に遭う傾向が強いと昔からよく噂になっていたという。

特に女性の場合はその傾向が強く、画数14の苗字が、男性からの暴力の引き金になってしまうといわれているのだ。

DV被害に遭った女性の特長を抽出してみると、よほど本人の性格に難がない限り、大抵原因らしい原因もない。

ところがそうした被害者こそ、苗字に注目すれば14画であることがかなり多いという。

この法則は、画数占いを手がける者たちの、いわば常識であるということだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説