都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 余命のわかる本

   

世界の都市伝説 余命のわかる本についてまとめました。

本にまつわる都市伝説には、得体の知れない不気味さが付き物だ。

特に、いつの間にか沢山の蔵書の中に、購入した覚えも記録もない書籍が混じっているといった話は、一際気味が悪く思えるもの。

アメリカ・オハイオ州にある某図書館には、少し前までおかしな本が陳列されていたという都市伝説がある。

いわく、その本は普段こそ何処にあるかも分からないというのだが、手にとって見るだけで、その人物の余命が分かるというのである。

ある人はその本が分厚く感じられ、ある人には非常に薄く感じられる。

本の内容は一切文字が載っておらず、白紙だということだ。

そしてこの本、実際に発見して借りてみると、1日1枚ずつページが減っていくという。

その本のタイトルは「余命」とされており、ページ数は借りた人物に残された寿命に比例しているとされている。

この図書館の司書が、大量の本の中から発見して以降、「余命」は多くの人の手に取られたということだ。

しかしながら、現在では完全に行方が分からなくなっているとのこと。

広大な図書館の何処かに紛れ込んでいるのか。

それともこの本に何か引き寄せられるものを感じた人物によって持ち去られてしまったのか。

それは誰にも分からない。

ちなみに、「余命」はラテン語でタイトルが飾られているとのこと。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説