都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 アメリカの謎のステルス戦闘機

   

世界の都市伝説 アメリカの謎のステルス戦闘機についてまとめました。

アメリカは世界最大の軍事国である。

これは恐らく、今後数十年は揺らぐこともないだろう。

さて、そんな国であるからか、軍にまつわる不思議な都市伝説も相当に存在しているようだ。

日本では、なかなかそうした噂に出くわすことは難しい。

たった一つだけ、割とメジャーなものがある。

それは、「ディビジョン」に関する噂だ。

といっても、私たちがよく知るあのディビジョンではない。

ディビジョンという名前を与えられた、ステルス戦闘機に関する都市伝説である。

ディビジョンは、SR-91という型番を振られていた極秘開発の機体とされているのだ。

そして1997年以降に配備されるようになったという。

テスト飛行は、かのエリア51で行われていたとされており、最高時速マッハ5というのだ。

恐るべきスピードで空を飛びまわることができるというから驚きだ。

あまりに速いので、上空を飛行していても誰も気がつかないというのである。

それだけではない。

このステルス戦闘機には、戦略爆撃機としての機能まで搭載されているといわれているのだ。

まさに実在するならば、世界最強の戦闘機といってもいいことになる。

ディビジョン実在を示唆する情報も少なくない。

1989〜1992年にかけて、アメリカ全土で時折ソニックブームが吹き荒れるという異常事態が頻発していたのだ。

それはアメリカの地質調査所のセンサーが捉えた反応には、マッハ6で空を飛行していた何かの存在が示唆されていたのだ。

これこそ、オーロラの飛行によるものであったという指摘もあるようだ。

ロサンゼルスでは、未だにこのソニックブームが確認されており、時には不審な戦闘機の編隊が確認されることがあるというのだ。

ディビジョンの飛行実験は、まだまだ続いているのかも知れない。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説