都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 東京都世田谷区の不気味な献花

   

地域都市伝説 東京都世田谷区の不気味な献花についてまとめました。

都市伝説とは、都市に伝わる様々な出自不明の噂の総称である。

つまり必然と、こうした噂は都市部が発祥の地であることが多いのだ。

特に日本では、首都東京における都市伝説の総数は、他の地域とは一線を画しているのだ。

そんな都内で囁かれているという、現在進行形の都市伝説をご紹介したいのだ。

東京都世田谷区には、毎月8日になると、必ず色とりどりの菊の花束が供えられている交差点があるというのだ。

誰が見ても、以前ここで死亡事故が発生したと感じ取れることだろう。

ところがこの交差点、1日を通して非常に交通量が多い。

しかし非常に見晴らしがよく、これまで死亡者の出るような交通事故が発生したことはないということだ。

また、その他にも、とにかく死者が発生するような事件も起きたという記録はないのである。

では、この献花は何のために毎月欠かすこともなく行っているのだろうか。

噂では、これまで何者かが花束を供える瞬間は、誰も見たことがないという。

前述のように交通量は多く、誰にも見つからないまま、永遠に花束を供え続けることはそうそう簡単なことではない。

しかし、不思議なことに今に至るまで、誰にも見つからないように、何時に間にか毎月8日には献花がなされている。

果たして、この交差点に献花に訪れる人物の目的とは何処にあるのだろうか。

そして何故、その姿を誰も見たことすらないのだろうか。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説