都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 東京都は実は天然ガスの宝庫

   

地域都市伝説 東京都は実は天然ガスの宝庫

日本の政経の中枢を担う施設が密集している首都、東京である。

この東京では、様々な都市伝説が囁かれているのだ。

国会議事堂の地下に核シェルターがあるだとか、都庁が変形してロボットになるだとか、なんともロマンを感じる話が多い。

しかし、中には、比較的危機感を感じざるを得ない都市伝説も存在しているのだ。

その一つが、南関東ガス田説である。

その名の通り、関東地方の南部に位置する都内の一角、江東区、台東区、葛飾区、江戸川区などの地下には、

潤沢な天然ガスが埋蔵されているという噂があるのだ。

しかもこのガス田。非常に浅い地層に充満しており、

万が一東京都を大地震が襲った場合、地表に予期せぬ火災を発生させるのではないかと恐れられているのである。

都市伝説にはあるまじき根拠めいたものもあり、

1923年の関東大震災の折には地表にこのガスが噴出。実際に都内を業火が嘗め尽くした。

複数の区が火災のために焼失し、その様子は現在でも写真や映像で残されている。

一部の災害コンサルタントは、このガス田の危険性を重視し、警告を発しているともいわれている。

現在では至る所をアスファルトで塗り固めてはいるが、

果たしてこの程度の処置で豊富な天然ガスの漏洩を防ぎ切れるのだろうか。

いずれ必ず起きるとされている、首都圏を巻き込む大震災である。

発生の際には、速やかに該当区域からの脱出を果たすのが望ましいのかも知れない。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説