都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 アメリカのバッファローマン

      2018/10/11

世界の都市伝説 アメリカのバッファローマンについてまとめました。

アメリカには、今でも精霊に関する不思議な話が沢山残されているのだ。

その中でも、特にインパクトが強く、未だに目撃者が大勢いるとされている都市伝説をご紹介する。

それはアメリカの北部の広大な森林地帯には、時折思いがけない存在と遭遇することがあるというのだ。

それは、巨木にも細い白樺の木にも変化することのできる精霊であるのだ。

これはインディアンたちは古来より、その存在を「樹木の人」と名付けて敬ってきたのである。

「樹木の人」は、身の丈2メートル以上はある巨人で、全身に獣のような毛が生えているように見えるのだ。

しかし、よくよく近づいてみると、それはバッファローの毛皮をまとっているのだ。

そして中身は人間の体であることが分かる。

ところがその顔は、完全にバッファローのそれであり、半人半獣の精霊であることに気付かされているという。

この精霊は、特に人間に危害を加えることはないのだ。

それどころか、人間に発見されると、いそいそと森の奥に逃げ出してしまうほど警戒心が強いのだ。

インディアンたちをしても、そう簡単に遭遇することはできなかったのである。

翻って現在。実は未だにこの精霊はしばしば目撃されているのだ。

彼らを発見するための最良の手段は、森林の木々一つひとつに、背を預けてみることである。

こうすることで、上手く木に変化していた精霊が、慌てて正体を表すというのである。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説