都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

世界の都市伝説 ジャックオーランタンの怪奇

   

世界の都市伝説 ジャックオーランタンの怪奇についてまとめました。

スコットランドに伝わる古くからの都市伝説として、つとに有名なのがジャックオーランタンなのだ。

これは、生前に堕落した生き方をしていた人間が、命を落とした際に魂が成仏できずに彷徨うことによって生まれてくる悪魔とされているのである。

その容姿は様々だが、もっともよく知られているのは、石炭の入ったランタンを片手に持って出現するかぼちゃのお化けだろう。

実際に出現するジャックオーランタンは、その姿はほとんど不定形であり、日本でいうところの鬼火のようなものだと考えられるのだ。

稀に実体として現れる時には、顔の部分にはしなびたカブが収まっていることが多く、逆にかぼちゃの頭のジャックランタンはいないようだ。

また、ジャックランタンになってしまう人間は、何も堕落したものばかりではないのである。

ある狡賢い男は、生前悪魔と契約を結び、逝去しても地獄に堕ちることがないようにしてもらったのだ。

しかし、いざ死んでみると地獄にも天国にもいけず、二度と生き返ることもできないまま、永遠に彷徨うことになってしまった。

これもまた、ジャックランタンの一形態とされている。

現地では、ほとんどが悪さをする悪魔として忌み嫌われているようだが、中には夜道で人が迷ったりしないように灯りを使って道案内をするジャックランタンもあるようだ。

アメリカ大陸にこの伝説が伝わってからは、毎年10月31日をハロウィンと定義してかぼちゃをくりぬいて顔を作り、悪魔を遠ざけるお祭りとして昇華されている。

そのため、アメリカではジャックランタンはほとんど目撃されることがないようだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説