都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

デンマークの街を飲み込んだ砂丘

      2021/02/18

地域都市伝説 デンマークの街を飲み込んだ砂丘について書こうと思います。

さて今回紹介する都市伝説は「砂丘」についての都市伝説です。

日本でも鳥取県などで見ることができる砂丘である。

砂丘とは本来、自然に風に乗って運ばれてくる細かな砂が、ある一定の地表に堆積して完成するものでなのだ。

砂漠のようにも見えるこうした砂丘は、当然そもそもの土地が枯れたから存在しているわけではないのである。

風の強さによっては、徐々に範囲が狭まったり、逆に拡大もするということなのだ。

さて、砂丘にまつわる都市伝説が意外と多いのである。

鳥取砂丘では人魂が発生する地点があるという噂が立ち、近隣住民の噂になったという話もあるのだ。

そこで今回は、とりわけスケールの大きな話をご紹介したいのだ。

これはデンマークのある地域には、広大な砂丘が広がっているエリアがあるのだ。

ここはそもそもは人が開拓した平地の集落が存在しており、人口5000人あまりが生活していたとされているのである。

しかし現在では見る影もないどころか、そこに人が住んでいたとは思えない、途方もない砂の世界となっている。

なんでも、あるときかつて集落があった場所に強風が流れ込んできた晩、遠方から多数の砂が舞い込んできて、集落の家々を次々に覆い尽くしてしまったということだ。

何分真夜中のことであったため、人々はさしたる避難もできないまま、次々に砂の中に閉じ込められてしまったといわれている。

移動をする大規模な砂丘である。

それはまるで何かの意思が宿っているかのようだ。

信じるか信じないかは貴方次第

スポンサーリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツユニット



 - 世界の都市伝説, 都市伝説 ,