都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 秋田に美人が多い理由

   

地域都市伝説 秋田に美人が多い理由についてまとめました。

秋田の女性は色白で美人が多いとされていますが、その秘密は白人の血が入っているからとする都市伝説があります。

色白で鼻筋が通っていて身長も平均より高いなど白色人種に見られる特徴を備えていること、また血液型は欧米に多いB型やO型が多いことからその様に云われているようです。

秋田犬の血液型は欧州犬と同じということも交流があった証拠ともされます)。

ナマハゲ(鬼)と外国人を結びつける話もあって、何やら白人との混血説を匂わせる要因が秋田にはあります。

秋田美人の色白で鼻筋が通っているという特徴は現在の美人のイメージにも合致していますが、目は切れ長で口は小ぶりといった中世の日本美人の条件も秋田美人の特徴に含まれます。

切れ長の目などの特徴はむしろ北方アジア人の特徴とも言えます。

1000年程前、秋田にあった出羽国は北東アジアに存在した渤海国との交流がありました。

渤海人はツングース系民族だったと云われいて、北方アジア地域の人々との混血によって秋田美人が生まれた可能も示唆されています。

切れ長の目はツングース系民族によく見られます。

ただ、秋田には北東アジアのツングース系民族経由でシベリア系コーカソイドの血が運ばれて来た可能性は否定できません。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説