都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

地域都市伝説 長野県に存在する幻のピラミッド村

   

地域都市伝説 長野県に存在する幻のピラミッド村について書こうと思います。

ピラミッドと言えば、エジプトのファラオたちが眠る墳墓であるのだ。

当然、日本になど存在していないようにも思えるが、実はそうでもなかったというのである。

これは長野県の山奥には、1960年頃、このピラミッドを奉る村が存在していたという都市伝説が存在したのだ。

もっとも、ピラミッドそのものを崇拝していたのではなく、その内部にある御神体を敬っていたらしいのだ。

ところが、この村に、あるとき迷彩服を着た集団が訪れ「この地域は国有地域に指定されたので、貴方たちに引越しをしていただくことになります」と、村人たちを半ば強引に移住させたというのだ。

家財道具の一切も放置させられたが、彼らによって用意された住居はいずれも新築で、財産も全世帯にかなりの数が供給されたというのである。

また、仕事の斡旋も、この集団の手回しによってすんなり決まったということだ。

さて、件のピラミッド村はその後すぐに有刺鉄線で包囲され、侵入することができなくなってしまったというのである。

それだけではなく、四六時中見張りが立っていたというから、ただ事ではないのだ。

果たしてこのピラミッドには、どんな秘密があったのだろうか。

もしや、徳川埋蔵金でも埋まっていたのだろうか。

現在この村は森に覆われ、既に地図からも抹消されて久しくなってしまったということだ。

ただ、衛星写真をくまなく見ていくと、ひょっとするとその名残のようなものは残されているのかも知れない。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 地域都市伝説, 都市伝説