都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 痛みの基準はハナゲ

   

定番都市伝説 痛みの基準はハナゲについてまとめました。

国際標準化機構で、人間の痛みの感じ方についての統一単位ハナゲが制定されたという都市伝説が存在します。

これは、「長さ1センチの鼻毛を、鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」が「1ハナゲ」と定義されたというものだ。

そして鼻毛を抜いた時の痛みには個人差はないことが発見されたため、ハナゲが痛みの単位に選ばれたとされている。

実は、この「ハナゲ」は、1997〜1998年頃に、チェーンメール等で流布したジョークであるという。

爆発的に広まった理由は、千葉県の大学研究室のホームページにジョークの「研究結果」を掲載してからと見られているのだ。

そして広まるにつれて、「日経新聞の1997年12月14日付朝刊に掲載された」といった、具体的なニュースソースが付加された。

そして外国通信社のニュースページを騙るサイトに、ワシントン発の外電で配信されたかのように掲載されたこともあったというのだ。

元ネタは、やゆよ記念財団という、嘘ニュースを執筆公開しているwebサイトで1995年に発表された記事らしいのだ。

そしてこのネタを1990年代前半のパソコン通信、ニフティサーブの「嘘情報」会議室で発表したものが、発端になったようだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説