都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

インターネット都市伝説 鮫島事件の真実

      2018/08/27

インターネット都市伝説 鮫島事件の真実についてまとめました。

鮫島事件の概要はこうである

鹿児島県沖に浮かぶ鮫島。ここに5人の2ちゃんねらが遊びに来た。

しかし、彼らはそのまま行方不明になったのである。

ついには鮫島周辺の捜査が行われたが、彼らを発見する事は出来なかった。

やがて半年ほど後。そのうちの四人は白骨死体となって、 それぞれにゆかりの場所へと送り届けられたのだ。

しかし、公安関係者の身内とされる最後の一人の行方は、 杳として知れないままだった。

そして、四人の遺骨が送り届けられた翌日、 2ちゃんねるに最後の一人と思われる人物の書き込みがなされた。

「鮫島にいる」と。 しかし、このとき2ちゃんねるは投稿者のIPを記録するシステムをとっておらず、 果たしてこの投稿者が最後の一人なのかどうかを判断する事が出来なかった。

その後、再び捜査班が鮫島に入ったところ、 この最後の一人と思われる人物の遺体を発見した。

この遺体は動物に食い荒らされ、激しく損傷していたがその中には 人間のものと思われる歯形も残されており、 また頚部には圧迫されたような痕跡があったという。

結論としてこの事件はインターネットが生み出した架空の話である。

架空の事件なのか?お分かりいただけただろうか?

鮫島事件は…そう、インターネットの大型掲示板2ちゃんねる発祥の噂なのである。

このような事件は全く起きておりません。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - インターネット都市伝説