都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

歴史の都市伝説  チンギスハーンの正体は日本のあの武将だった!

   

歴史の都市伝説  チンギスハーンの正体は日本のあの武将だったのである。

モンゴル帝国の創始者チンギス・ハーンは、衣川の戦いで逝去したと言われている日本の武将である源義経と同一人物であるといわれています。

奥州藤原で亡くなったとされている源義経が実は逃げ延びて蝦夷地から、大陸に渡り、チンギスハーンになったと言われているのだ。

そしてチンギスハーンの生年ははっきりしないが、1155年から1167年頃とみられており、1159年生まれの源義経と確かに同年代なのである。

また奥州で義経が亡くなったとされているのが1189年だが、チンギス・ハーンがモンゴルで兵をあげたのが1188年頃で、年代はおおよそ一致するのだ。

また源義経という文字を中国語読みすると、yuan-yi-jing となり、これがチンギス・ハーンの幼名「テムジン」と似てないこともない。

チンギス・ハーンについては、生年や前半生が不明な点が多いことや、口伝による歴史伝達など裏づけ部分が不明なことが多。

そしてこの説の決定的な否定の材料に乏しいことも事実である。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 歴史の都市伝説, 都市伝説