都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

歴史の都市伝説 聖徳太子の予言

   

歴史の都市伝説 聖徳太子の予言について書こうと思います。

実は聖徳太子は預言者だったのです

冠位十二階や十七条の憲法で有名な聖徳太子には実はもう一つの顔が存在します。

それは未来を見通す力を持つ預言者としての顔なのです。

これは日本書紀の巻の22には、太子が「兼知未然」と記されてあります。

これは未然は未来と同じ意味なのです。

これはつまり、聖徳太子には未来を示す予知能力があったことを日本の正式な歴史書があったという証拠なのです。

聖徳太子が残した幻の予言書に「未来記」というものがあるのだが、文書としてはっきりと形が残っていないのである。

「未来記」を元本とし、大きく影響されて書かれたと思 われるものに「未然本記」というものは存在します。

しかし、聖徳太子の未来記と太子の予言と呼ばれてきたものは、歴史上の人物の伝承や古文書のなかに少しだけ現れる程度なのです。

聖徳太子は26歳の時、人類の終末とも言える重大な予言を残しています。

「私の死後210年以内に、一人の聖皇がここに都を作ります。そこはかつてない壮麗な都になり戦乱を十回浴びても、それを越えて栄え、千年の間都として栄える。

しかし一千年の時が満ちれば、黒龍(黒船)が来るため、都は東に移される」と

しかし現在、聖徳太子の存在は疑問視されている。

しかし聖徳太子の存在は現在存在しなかったという学説があり

教科書などにも聖徳太子の存在を載せていない場合が多く存在します。

そのためにこの予言も嘘なのではないか?という話になってしまいます。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 歴史の都市伝説, 都市伝説