都市伝説ch

日本から世界各国まで様々な都市伝説を収集しています。

定番都市伝説 メリーさんの電話

   

定番都市伝説 メリーさんの電話について書こうと思います。

そもそもメリーさんの電話とはどのような都市伝説なのか?

「メリーさんの電話」は、昔から定番の都市伝説の一つです。

少女が引越しの際、古くなったお人形さんである「メリー」をゴミ捨て場に捨てていきました。

その夜、電話がかかってくるのです。

「あたしメリーさん。今ゴミ捨て場にいます」

そして電話を切ってもすぐまたかかってくるのです。

「あたしメリーさん。今本屋さんの角にいるの」

そしてついに「あたしメリーさんだよ今あなたの家の前にいるの」という電話がかかってきます。

少女は思い切って玄関のドアを開けたが、誰もいません。

やはり誰かのいたずらかと思った直後、またもや電話がかかってきます

「あたしメリーさん。今 あなたの後ろにいるの」

この話には様々なパターンが存在します。

振り向いたら呪われてしまう。

少女が刃物で倒される、この場合怪我の具合は様々である。

マンションが舞台で、電話の度に自分の住む階に近付いてくるパターンも存在します。

轢き逃げをしたタクシーの運転手に、被害女性から電話がかかるパターンも存在します。

名前はメアリー、メリーなど様々で日本人の場合も存在します。

リカちゃん人形の怪奇譚と複合されたパターンも存在します。

チェーンメールでも伝播され、「メールを送らなければあなたも呪われる」とされた。

「彼女は大阪府岸和田市に住んでいる」、としたものもあった。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説