都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

定番都市伝説part30(徳川家康はすさまじい健康オタクだった他)

   

定番都市伝説part30です。

某大学に存在する地下核施設

某大学の地下には古い扉があり、その扉には核のマークがついている。

そしてその先は核施設になっている、というものである。国内外の様々な大学名でこの噂が語られた。

下水道のワニ

ワニをペットとして飼っていた人間が、下水道にワニを捨てた。温暖で栄養も豊富だったため、ワニは巨大に成長してしまった、という都市伝説である。

巨大カニの看板

その店は大阪に多くの店舗を持ち、動く巨大なカニの看板で有名である。

その看板は実はアルバイトが自転車のようなものを漕ぎ、人力でカニの足を動かしている、という話である。

時給は800円であり、看板をうまく動かせれば時給が少々増えることもあると言われている。

徳川家康はすさまじい健康オタクだった

徳川家康 政権のトップでありながら、「美味は月に二、三度で十分。平素は普通の食べ物が良い」と麦飯を好んで食べていました。

麦飯は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素をバランス良く含む健康食材。よく噛まないと旨味が出ず、自然と噛む癖がつくため、脳の活性化や食べ過ぎ防止にも効果的です。

坂本龍馬は武器商人だった

坂本龍馬が設立した海援隊という組織は日本初の商社であり、武器弾薬を倒幕陣営に輸出していた。

聖徳太子の肖像画は本物の聖徳太子が書かれているわけではない

この肖像画の人物が頭にかぶっている冠も、着ている服も、持っている笏も、 聖徳太子ではないらしい大化の改新以降の律令国家が成立してからの物で、聖徳太子の時代には、なかった物である。

軍神といわれ、現在でも大人気の上杉謙信は女性だったかもしれない

1.「当代記」という戦国末期から江戸初期に関する歴史を書いた本に謙信の死因が「大虫」と 書いてある。

大虫とは婦人病のことである。

2.スペイン人ゴンザレスの国王宛文書に『会津の上杉景勝が、伯母の上杉謙信が佐渡で掘り出し た黄金を持っている』と記されている。

3.毎月10日間ほど戦を休んでいる時期が文献に書かれている。

鎌倉時代の英雄である源義経は生き延びて中国大陸に渡り、チンギスハーンとなり中国を統一した。

1.中国大陸にはなく、日本にしか無い武器をチンギスハーンが使っていた

2.時代背景が一致している

 

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説