都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

定番都市伝説part26(ハーメルンの笛吹き男他)

   

定番都市伝説part26です。

ハーメルンの笛吹き男

『ハーメルンの笛吹き男』は1284年の6月26日にハーメルンで実際に起こったといわれる130人のこどもたちが一夜にして街から消えたという都市伝説なのだ。

1284年、ハーメルンの町にはネズミが大繁殖し、人々を悩ましていたらしいのである。

そんなある日、街に笛を持ち、色とりどりの布で作った衣装を着た男が現れて、報酬をくれるなら街を荒らしまわるネズミを退治してみせると持ちかけたというのだ。

ハーメルンの人々は男に報酬を約束した。男が笛を吹くと、街中のネズミが男のところに集まってきた。

男はそのまま川に歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。

しかしネズミ退治が済むと、ハーメルンの人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかったらしいのである。

すると、笛吹き男はいったんハーメルンの街から姿を消してしまったが、6月26日の朝に再び現れたというのだ。

住民が教会にいる間に、笛吹き男が笛を鳴らしながら通りを歩いていくと、家から子供たちが出てきて男のあとをついていったのだ。

130人の少年少女たちは笛吹き男の後に続いて町の外に出てゆき、市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。

そして穴は内側から岩でふさがれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかったという。

物語によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、あるいは盲目と高度の難聴の2人の子供だけが残されていたという伝説もある。

メン・イン・ブラックの存在

メン・イン・ブラックは、UFOや宇宙人などの目撃者・研究者の前に現れ、警告や脅迫を与えたりさまざまな圧力や妨害を行う謎の組織のことである。

多くの証言では、未確認飛行物体や宇宙人を目撃した後に、目撃者の家や職場に黒の背広に黒ネクタイ、黒の革靴を履き黒いソフト帽をかぶり黒レンズのサングラスを着用した姿

黒塗りの大型セダンに乗って2人あるいは3人組の男たちが現れるのだ。

彼らの顔つきはアジア人的であるという報告が多く、車やその他すべての衣類や持ち物が新品そのものであるという証言も多いのだ。

なお、これらの車にはナンバープレートがついていないケースや、ナンバープレートはついているものの、偽造されたものなのかそのナンバーは登録がないというケースも報告されている。

また、彼らとともに、全くの無音で飛行する「黒いヘリコプター」が目撃されることもある

不幸のホープダイヤモンド

持ち主を必ず不幸のどん底に落とすダイヤモンドが存在します。

それは「フランスの青」、「王冠のブルーダイヤモンド」、「タベルニエ・ブルー」など、さまざまな別称がつけられている『ホープ・ダイヤモンド』と呼ばれるダイヤがそれです。

1645年にインドからヨーロッパに持ち込まれて以来300年。絶えず持ち主は不幸・不運に見舞われます。

ダイヤの持ち主となったルイ16世と王妃マリー・アントワネットは、そろってフランス革命で処刑されました。

ちなみにマリー・アントワネットの寵臣ランバル公妃は、このダイヤを度々借りていたがランバル公妃は革命軍によって倒された。

パリのレヴュー劇場の女優、ラドル嬢が買い取るが、舞台上で愛人(ロシア大公カニトウスキーとされる)に逝去され、その愛人も革命家に逝去された。

そしてギリシア人の宝石ブローカーに渡るが自動車事故で家族全員が逝去した。

ブラッディ・マリー

「ブラッディ・マリー」は、アメリカ合衆国の都市伝説に登場する女性の幽霊である。

真夜中に鏡の前に立ち、名を呼ぶと姿を現すとされる。

肝試しとして行われることが多い。

呼び出す方法は、真夜中に一人で鏡の前に立ち3回名前を呼ぶというものが基本だが、その場で3回まわる、蝋燭を灯すなどいくつかのバリエーションが伝わる。

家の鏡のほかに、生前にゆかりがあった場所で車のバックミラーに姿を現すというバージョンもあり、その場合は一人以上でも、一度でも彼女を話題に出せば姿を現すとされている。

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説