都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

定番都市伝説part20(募金と寄付の闇他)

   

Sponsored Link

定番都市伝説part20です。

募金と寄付の闇

みなさんは募金、寄付はしていますか?。

でも、そんな業界にも、囁かれる闇があります。

これは、とある動物愛護団体が運営するサイトでの例です。

そのサイトは死にそうな動物、行く宛てのない動物を保護し、飼育する姿を写真で公開し、寄付を乞うものでした。

写真付きなので、自分の募金によって回復したという経過がみられ、比較的良好なサイトかと思いきや、おかしな点がいくつか見受けられるのです。

例えば病気状態の猫が元気に走り回っていたり、足を失った犬の足が再生していたりです。

気になって、ファイル作成日時を確認してみると、病気状態であった猫の写真や、足を失った犬の写真は、元気であった頃よりも後に撮影されたものである事が分かったのです。

地球温暖化陰謀説

近年、テレビやメディアなどで「地球温暖化」と言われ、環境保護・エコという事が謳われています。

しかし、この地球温暖化というのにはっきりとした根拠はなく、温度上昇もさほど激しくなく、北極の氷は増えていく一方です。

さらに、海面上昇による被害なんて言うのは、東京が冠水するまでに数千年はかかると言われています。

むしろ、温暖化よりも寒冷化していると科学者の多くは訴えています。

現在、地球は氷河期を着々と迎えているのです。

では一体、地球温暖化を謳う理由は何なんでしょう?

それは割と簡単なお話です。例えばですけど、自動車に低燃費という売り文句を付ければ売れますよね。

他にも、ただのナイロンバックもエコバックと称して売り出せば、飛ぶように売れるはずです。

Sponsored Link

ようはお金を巻き上げるのが目的なのです。

メディアと企業がグルになって進めている一種の経済戦略なのです。

日本は世界有数のエコ大国と言われていますが、経済が未だに安定していないのは、きっと、この事に気付いている人が沢山いるからなのでしょう。

アメリカの唯一の弱点

かの有名な経済大国「アメリカ」である。

全ての事柄が進んで見えるアメリカですが、 実は、ヨーロッパは愚か、日本にも劣っている点があるのです。

それは、鉄道網です。 大都市近郊には地下鉄やら路面電車やらがありますが、 その他の地域は電車は走っておらず、 長距離輸送路線が一切無いのです。

あっても貨物列車で、それも電化されていません。

だから、アメリカ人は新幹線などを見ると、すごいと思うそうです。

では、あれほどの経済大国でありながら、 国土の広いアメリカの鉄道網が貧弱なのか、疑問に思いませんか?

それは、ある男がカギを握っていたのです。 その男と言うのが「ジョン・ロックフェラー」。

彼はアメリカの有名な石油王でした。

もうお判りかと思われますが、石油=車ですから、 車を流行らせるためには電車は邪魔な存在ですよね?

そこで、ロックフェラーは鉄道開発に抑圧を掛けたのです。

しかし何故、ニューヨークなどの大都市は発展していると思いますか? ニューヨークの地下鉄はもの凄いですよね。

それは、所謂核シェルターなのです。

ロックフェラー一族が災害時に逃げるために、 ニューヨークの地下鉄はあれほどにまで発展しているのです。

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説