都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

定番都市伝説part14(平将門 影武者伝説)

   

Sponsored Link

定番都市伝説part14です。

逆手拍手の意味

大塚愛はあるライブ中、大塚愛はラスト曲プラネタリウムを歌っていた。

ふと客席を見てみると逝去した元カレがいるではないか。

私の想いが届いたんだ、きっと喜んでくれているんだ。

大塚愛はとても喜んだという。

生前とても優しい彼氏で大塚愛はとても好きだったという。

しかし妙な事が1つ。

客達は手拍子で曲を聞いてくれているのだが その元カレらしき人物は手の甲同士を凄い早さでぶつけている。

不思議に思った大塚愛はきっと元カレからの何かのメッセージなのだと ライブ後その意味を調べてみた。

すると手話で手の甲同士をぶつける動作は 『はやくこっちにこい』という意味を表す動作だったのだ。

平将門 影武者伝説

関東を平定していた平将門には7人の影武者がいたが、将門にはこめかみに特徴があったらしく、見破られて討ち取られた。

将門の首は塩漬けにされて京都に送られることになったが、7人の影武者が奪還を図り行列の後をつけた。

しかし八幡の森にて姿を消し、7体の土人形に変わっていた。

将門の首が京に届けられた後、森の土人形たちは雨によって溶けてなくなった。

それからこの森には7人の魂が青い火の玉となって森を飛び回り将門の首を返せと泣き喚くという噂が立った。

これを聞いた力自慢の男が退治せんと立ち入ったが、戻ることはなかったという。

それ以来、村人はやぶしらずと呼んでよりつかなくなった。

ただし、現地説明板では「平将門の家臣6人がこの地で泥人形になった・・」と記載している。

Sponsored Link

車の寿命

一昔前までは10万キロも走るにはかなりの手入れが必要で それまでに何かしらガタが来てしまうのが普通でした。

やれTベルトだのブレーキだのと、修理より買い替えを 選んだ経験のある方も多いかと思います

しかし最近の車は、10万キロ程度であればまず問題なく走ります

買い替えや修理する必要が無くなってしまったのですから、 企業が収入を維持するには従来より高い利益の出る車を 作らねばなりません。

ですが、技術の進歩は利益の増加を上回る速度で 進んでおり、新技術を用いようにも既存の施設の大改装には 莫大な費用と手間がかかる為、反映は小規模にならざるを得ず

ソフトとハードの差は開いてゆく一方です

そこで以前はTベルトでしたが、現在はハイブリッドが使われています ハイブリッド車に搭載されている電池が、交換に数十万円 かかる事はまだあまり周知されていません。

この電池の寿命が 約三年、十万キロ程度で訪れるように設計されているのです

そこで修理か買い替えをさせよう、という仕組みです

電池の耐用年数は今後増加するでしょうが、その頃には完全な 電気自動車を作れる電池になっているでしょうし、それもまた 三年程度の寿命です

未来永劫「三年以上壊れない車」が 完成することはありません。

ドラえもんやタイムマシンの方が 完成は早いはずです。

「100万キロ走る車」なんて完全に自殺行為ですし 「鉄板より軽量強靭な新素材」もお断りです

簡単に壊れてくれないと商売になりません。

「切れないランプ」など作ればランプ屋整備工場が倒産するだけです

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 定番都市伝説, 都市伝説