都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

ライオンキングの都市伝説(ムファサの声とダース・ベイダーの声は同じ人他)

   

Sponsored Link

ライオンキングの都市伝説についてまとめてみました。

ライオンキングの当初の映画タイトル

ライオンキングの当初の映画タイトルはキングオブザジャングルだったのだ。

しかし名前がライオンキングに変更されたのは、そもそもライオンはジャングルに生息しないからだというのである。

当初ディズニーはポカホンタスのほうを推していた

ディズニーはポカホンタスとライオンキングを同時進行で制作していたのだ。

しかしどちらかといえばライオンキングよりもポカホンタスのほうがヒットすると考えていたが、蓋を開けてみれば反対だったのである。

シンバが崖の下でヌーの大群に踏まれそうになるシーンにディズニーは3年もの歳月を費やした

実はこの2分半の大暴走シーンは、特別に訓練された5人のアニメーターとテクニシャンが2年以上の月日を費やして作ったのである。

シーケンス単位で見ると、完成させるのに3年かかっているのだ。

プンバァがオナラをするシーン

プンバァがオナラをするが、実はディズニー映画でオナラのシーンはこれが初めてだったのだ。

ライオンキングの雄叫び

実はグリズリーベアとトラ、そしてF16低空飛行機の音を合わせて作っているのだ

実際のライオンの声が迫力不足なのでこのような合成が作られた。

シンバの両親の中の人

シンバの両親の中の人(ムファサとサラビ)は『星の王子 ニューヨークへ行く』でエディ・マーフィの両親を演じたジェームズ・アール・ジョーンズとマッジ・シンクレアである。

ムファサの声とダース・ベイダーの声は同じ人

ムファサの声を担当しているジェームズ・アール・ジョーンズは、スター・ウォーズのダース・ベイダーの声を担当しているのだ。

Sponsored Link

ハイエナに対する不当な表現

ハイエナに対する不当な表現や扱いなど名誉毀損である生物学者から訴えられたことがある。

主人公の動作はオスライオンでなくメスライオンの動きに近い

ライオンに物凄く詳しい専門家によれば、メスライオンの動きに近いそうで、人間に例えればオネエ系な動きなのである。

登場するキャラクターの名前達の名前の意味

ムファサ=アフリカのマナゾト語で「王」

シンバ=スワヒリ語で「ライオン」

ナラ=スワヒリ語で「贈り物」

ティモン=ギリシャ語で「尊敬者」

プンバァ=スワヒリ語で「おばかさん」

ザズー=スワヒリ語で「動作」

ラフィキ=スワヒリ語で「友達」

などである。

『ジャングル大帝』に似ているということで盗作騒動が起こった

これに対しディズニーは当初、製作者は『ジャングル大帝』を知らず、『ジャングル大帝』に似ているのは偶然の一致に過ぎないと反論した。

しかし、サンフランシスコ・クロニクルが主要スタッフにインタビューを行ったところ、8名中3名が『ジャングル大帝』を知っていると答えた。

また、ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞している『ジャングル大帝』を、アニメ映画に携わる者が知らない方が不自然とも指摘された。

ディズニーは反論として、ライオン・キングは『バンビ』やシェイクスピアの『ハムレット』から着想を得たと説明した。

また、アフリカを舞台にすれば登場する動物の種類は限られることや、逆に相違点なども多く提示された。

そしてこの騒動は、手塚プロダクションが「もし手塚本人が生きていたら、『自分の作品がディズニーに影響を与えたというのなら光栄だ』と語っただろう」

という声明を出したことにより沈静化した。

 

 

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - アニメ漫画都市伝説, 都市伝説