都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

ターミネーターの都市伝説(シュワルツェネッガーは元はターミネーター役ではなかった他)

   

Sponsored Link

ターミネーターの都市伝説についてまとめてみました。

ターミネーターの元ネタは監督ジェームズ・キャメロンが見たロボットに襲われる悪夢である。

この作品の前に製作した映画フライングキラーが失敗した際、評論家やマスコミにもひどくこき下ろされたのだ。

そしてキャメロンは屈辱の余り熱を出して寝込んでしまったというのである。

そしてそのとき、炎の中からロボットが現れて自分を襲いに来るという悪夢を見て、本作製作のきっかけとなったと言われている。

ターミネーターの制作費

第1作目のターミネーターでは制作費が600万ドルである。

そして第3作ターミネーター3では1億6千万ドルかかっているのだ。

初代ターミネーターは元々はB級映画でジェームズ・キャメロンがどん底のなかなか作りあげたため、かなり低予算である。

ターミネーター4に登場するT-800の肉体

ターミネーター4に登場するT-800の肉体はオーストリア出身のボディビルダー、ローランド・キッキンガー である。

当初ローランド・キッキンガーがそのままの姿で登場する予定だったが、編集段階で急遽顔のみシュワルツェネッガーに差し替えられることになったのだ。

シュワルツェネッガーは子供たちから「T4はこれまでのシリーズ作で最高の出来」と言われ傷ついた

シュワルツェネッガーは4作目出演のオファーを受けたがスケジュールの都合で断わっており、過去の映像の顔部分だけCG合成で登場している。

そのために子供たちからのこの発言は非常に傷ついた模様

「T2」でサラ・コナーとサラに擬態したT-1000が同時に出る場面はCGではない

これはサラ役のリンダ・ハミルトンは双子であり手前のT-1000をリンダが、奥のサラを姉のレスリーが演じ、バストショットになる際はリンダが演じている。

Sponsored Link

T-800の寿命

T-800の寿命は約120年である。

そして予備電源も内蔵している。

ジョン・コナーの年齢は矛盾している

ターミネーター2で10歳だが10年後のターミネーター3で23歳なのだ。

そしてターミネーター3で前作の設定年齢が13に変更されている。

シュワルツェネッガーは元はターミネーター役ではなかった

キャリアも浅かったシュワルツェネッガーは、カイル・リース役を望んでいたのだ。

しかしキャメロン監督が、カイル役候補としてシュワルツェネッガーと会食したときに変わったのだ。

キャメロン監督は彼の似顔絵を描いているうちに、ターミネーター役に合っていることに気づいた。

さらに、彼からターミネーターのキャラのバックグランドに関して良いアイディアを貰ったことから、ターミネーター役はシュワルツェネッガーしかいないと確信するようになったのである。

ターミネーター4がコケたため制作会社は倒産した

全世界興行成績はおよそ3億7000万ドルで、こちらも前作の4億3300万ドルを下回る不本意な成績となってしまったのだ。

これが原因で制作会社は破産し、ターミネーターの制作権は宙に浮いたが後に競売にかけられヘッジファンドが落札した。

あの名言であるI’ll be backは当初の台本は「I’ll come back」だった

シュワルツェネッガーは当初このセリフが砕けていて女性的だと嫌い、ジェームス・キャメロンに何度も”I will be back” の方が機械的で、自身のドイツ語訛りを活かせるとして変更を求めた

しかし「僕は君に演技指導をしないから、君は脚本に口出ししないでくれ」と強硬に突っぱねられ聞き入られなかったとか。

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 映画都市伝説, 都市伝説