都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

ゲームストリートファイターシリーズ都市伝説 (ダルシムは最初6つの腕を持つはずだった他)

   

Sponsored Link

ゲームストリートファイターシリーズ都市伝説についてまとめてみました。

コンボの起源はバグだった!

ここで言う「コンボ」とは、いわゆる「波動拳」や「昇龍拳」などの必殺技とは異なり、ある特定の技を連続して使用することある。

これは技と技の間でまったくスキが発生せず、連続して相手にヒットさせることができる現象のことを指します。

現在の格闘ゲームでは、どのタイトルにおいてもこの「コンボ」が非常に重要な役割を果たしており、欠くことのできない要素となっています。

このコンボの起源も実は「ストリートファイターII」にあります。

しかし面白いことに、「ストリートファイターII」においてコンボは狙って実装された機能ではなく、いわゆるバグの一種だったらしいのだ。

開発者たちは当初、ある特定の技の後に別の特定の技を、ごく限定されたタイミングで出した場合に、技と技がつながってしまうことに気づいていたのです。

しかし大半のプレイヤーはこの技術を扱うことができないだろうと考えていたそうです。

しかし開発者の思惑に反して、ストリートファイターIIのリリースから間もなく、全国のゲームセンターではコンボを使った戦いが繰り広げられました。

そしてコンボはストリートファイターIIの機能として扱われるようになりました。

実際にこの現象がゲーム内で公式に「コンボ」と呼ばれるようになったのは、1993年発売の「スーパーストリートファイターII」以降のことだそうです。

ストリートファイターのリュウは漢字で隆である

1987年に『ストリートファイター』の主人公、1P側のプレイヤーキャラクターとして初登場したのだ。

『ストI』での名前は漢字で「隆」の表記が使用され、ゲーム内ではアルファベットで「RYU」と表記された。

Sponsored Link

その続編として1991年に発売された『ストリートファイターII』以降、主にカタカナで「リュウ」と表記されるようになる。

同シリーズの主人公であるリュウは、同社のゲームの主人公の代表キャラクターとして認知され、他社を含む格闘ゲームが関連するほぼ全てのクロスオーバー作品に参加している。

豪鬼の名前が海外では「アクマ」になった。

海外版でバイソンとバルログ、ベガの名前が入れ替わっていることについて、海外ファンの間では良く知られています。

しかし豪鬼について名前の変更があったことは実はあまり知られていないそうです。

豪鬼はベガと並んでシリーズを代表するボスキャラクターですが、初登場時から海外版では名前が「Akuma」となっており、海外ではこの名前で定着しているようです。

ギネスの世界記録に認定されている

2008年のゲームに関するギネスにストリートファイターIIがいくつかの世界一として認定され掲載されているのだ。

コンボを使用した最初の格闘ゲームとして

最もクローンが産み出された格闘ゲームとして

ゲーム筐体における最高のセールスを達成した格闘ゲームとして

ギネスの記録に認定されています。

バルログは当初騎士として描かれるはずだった

バルログは当初、仮面をつけている以外に現在の面影がまったく無いものだったそうです。

十字軍をイメージしたキャラクターが描かれましたが、海外での販売を考慮して現在の形に至っています。

ダルシムは最初6つの腕を持つはずだった

ダルシムは当初腕が6本あり、象の頭を持つという、現在の形よりさらに人間離れしたキャラクターだったそうです。

設定画の段階ではヒンドゥーの神であるガネーシャをイメージさせるものとなっていたのだった。

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - ゲーム都市伝説, 都市伝説