都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知らない方が幸せだった雑学part64(カラス肉は昔、地域の名産にしようとしたことがあった。)

   

Sponsored Link

知らない方が幸せだった雑学part64です。

千葉県市川市役所の向かい側に「藪知らず」という史跡がある。

この森に入るものは二度と出れないとか、呪いを受けるとか様々な噂が江戸期からささやかれている。

伝統的な魔所であるが、国道14号線に接し、頻繁な車の往来にさらされており、往時の恐怖は微塵もない。

いささか興ざめだが、こんもり茂った森の入口には、小さな鳥居が鎮座している。

「スチュワーデス」の語源

「スチュワーデス」の語源って、「スチュワード=豚小屋の番人」 という意味である。

これはつまり、客は「豚」という意味なのだ。

最近では「スチュワーデス」とは呼ばず、 「キャビン・アテンダント」という呼称を使っている航空会社がほとんどである。

それと機内食にポテト料理が出されない理由は、機内に屁の臭いが充満するのを防ぐためなのだ。

日本に輸入されている小麦粉

日本の小麦粉はほとんどが輸入ものなのは有名な話です。

そして遺伝子組み換え小麦の混入に関して、何の措置も検査体制も取られていません。
遺伝子組み換え小麦は、DNAを傷つけアレルギーを引き起こすという説もあり、小麦粉なんて日常的な食品が、それでいいのかは疑問である。

銀杏を食べ過ぎるとかなり危険な状態になる。

大人でも1日5~6粒の摂取で中毒症状を引き起こす例が少なくない。

Sponsored Link

特に子供に与える時は要注意。

子供には1日あたり3粒までが問題ない量だとされる。

カラス肉は昔、地域の名産にしようとしたことがあった。

カラス肉は昔、秋田県の本庄市で地域の名産にしようっていう試みがあったのだ。

しかしイメージが悪いっていうことで頓挫した、これは20年位前の話である。

沖縄で米軍基地反対運動をしているプロ市民団体

沖縄で米軍基地反対運動をしているプロ市民団体

実は沖縄県民ではないのだ。

彼等は関東方面から来ているのである。

そして更に実は日本人でもないのだ。

病院とかショッピングセンターの入り口に設置してあるアルコールの消毒薬

病院とかショッピングセンターの入り口に設置してあるアルコールの消毒薬は、実はやってもあまり意味はないのだ。

手の平で細菌や汚れをこねくり回しているだけで離れていかないのである。

逆にアルコールで皮膚がささくれて、そこに細菌が潜んでしまい除去しにくくなることもあるのだ。

あくまで緊急措置的なものだ。

水道がある所なら、ただ単に流水で洗い流すのが最強である。

家の敷地内にある水道管やガス管は敷地を所有してる人の持ち物。

敷地内で水漏れやガス漏れがあった場合、所有者の自腹で修理しないといけない。

ちなみに、光熱費のうち公共料金は水道のみ。

電気・ガスは電話代と同じ民間。

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 知らない方が幸せだった雑学, 雑学