都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知らない方が幸せだった雑学part52(北枕は快眠しやすい他)

   

Sponsored Link

知らない方が幸せだった雑学part52です。

「おしどり夫婦」の真実

仲のよい夫婦を「おしどり夫婦」と言うが オシドリのつがいは、基本的に毎年相手が違うのだ。

個体差がほとんど無いから、観察者が気付かなかっただけなのだ。

指を鳴らす行為は危険

指を癖で鳴らしていると、鳴らせば鳴らすほど指が太くなります。

指を折るとポキッという音は、骨同士がこすれる音と思っている人が多くいますが、骨同士では有りません。

あの音は関節のつなぎ目に空気の泡が出来て、その空気の泡が割れる音なのです。

空気の泡が勢いよく割れると、 その衝撃で骨のつなぎ目にあたる軟骨がダメージを受ける。

ダメージを受けると人間の体はその部分を治そうと痛めた部分に新しい軟骨を加え

以前より厚みを増すことで、軟骨を修復し厚みを増すのでその分指も太くなってしまいます。

北枕は快眠しやすい

頭を北に向けて寝る北枕は縁起が悪いとされている。

しかし科学的にみると北に頭を向ける事は地球の磁気を取り込みやすくなり、その結果安眠につながるといわれているのだ。

実際の新撰組の沖田総司

新撰組の沖田総司は演じた俳優のイメージで病弱なハンサム剣士として描かれがちである。

実際はマスオさんのような姿のおじさんだったらしいのだ。

江戸時代のマグロの価値

最高級の寿司ネタとして知られるマグロのトロだが、大正時代くらいまでは赤身がもっとも喜ばれ、トロの部分は捨てられるか漁師さんが渋々食べたと言われている。

Sponsored Link

それどころか、マグロ自体が「猫またぎ」と呼ばれるレベルの下魚で誰も食べる人がいなかったのだとか

イギリスのストーンヘンジの本来の形

イギリスのストーンヘンジは 近所のオヤジが思い付きで石を動かしたり組み合わせたりしたせいで 元の形がどうだったのか、復元が不可能になってる

ベトナムはパンとコーヒーが上手い

ベトナムはフランスの植民地時代の名残でフランスパンとコーヒーがが異様に旨いのだ。

バリウムを飲む胃の検査はデメリットの方が多い

バリウムを飲む胃の検査はデメリットの方が多い

バリウムを飲むことで胃の形を放射線で撮影するものだが 当然その何分間も照射される放射線は体に悪い

バリウムで撮影した胃の形も相当悪化したガンなどしか検出できないのだ。

人類で初の宇宙飛行士として有名なガガーリンですが、実はそれ以前に数人の宇宙飛行士が存在していた

人類で初の宇宙飛行士として有名なガガーリンですが、実はそれ以前に数人の宇宙飛行士が存在していたのだ。

ところが、その誰もが地球に生還できなかったのである

着陸に失敗し地面にたたきつけられて逝去したもの、大気圏外で地球を周回する軌道に乗ってしまい帰ってこれなくなった者がいるという話があります。

今までに表だって取りざたされていないのは、当時のソ連が体面を重んじて失敗を公表しなかったからなのだ。

Sponsored Link

 - 知らない方が幸せだった雑学, 雑学