都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知らない方が幸せだった雑学part45(幽霊に会う夢を見た場合の注意他)

   

知らない方が幸せだった雑学part45です。

水島灘の網代諸島周辺海域が遭難しやすい理由

水島灘の網代諸島周辺海域は、瀬戸内海にしては大きな波のできやすいところで、昔はたくさんの船が遭難した難所なのだ。

これは霊の仕業で海辺に出没するのだ。

この霊とは目を合わしたらダメなのだが、 いきなり目の前に現れたりするから回避は難しいとされている。

月の無い夜によく現れ 『ひしゃくかせ~、ひしゃくかせ~』 と言って来るのだ。

恐怖のあまり杓を貸すと、船に水を入れられ沈められてしまう。

では、杓を貸さないとどうなるかというと、やっぱり呪われてしまう。

さて、この幽霊からはどうやって逃れればいいのか? 答えは、穴の開いた杓を貸すのだ。

幽霊に会う夢を見た場合の注意

幽霊に会う夢を見て長期間、容姿やツラを鮮明に覚えているようだと本物の霊らしいのだ。

すぐに忘れちゃうのはただの夢らしい。

夢の世界と言うか脳内に侵入されたという原理である。

例えば一か月前に見た夢なのに未だにデッサンしようと思えばできるレベルで鮮明に覚えてる場合、幽霊である可能性が高い。

トラウマという言葉の由来

トラウマの由来は 馬が虎を襲い喰らった通常ではあり得ない恐ろしい光景だったためである

それが虎馬(トラウマ)と呼び名が付いた。

しかしはこれには続きがあるのだここからが本当に怖い 実はこの馬は実は馬では無かったのだ。

カトブレパスっていう牛に似た恐ろしい怪物なのである

つまりカトブレパスが虎を襲い、喰らったのだ。

これを見ていた人達は恐怖のあまりその場に立ち尽くしたのだ。

その時! カトブレパスがこちらを振り向いた。

そこにいた人達はカトブレパスの目を見てしまい石化してしまったのだ。

その場にいた、ただ一人生き残った少年がその話を大勢の人に伝えたのだ。

この少年はカトブレパスの事を怪物馬と勘違いして伝えたのだ。

そのためトラウマっていう言葉が生まれたといわれている。

「立春の日は卵が立つ」という言い伝えがある。

立春に卵が立つ理由は諸説あります。

「冷えて黄身や白身の密度が高くなり、重心が下がるから」

「立春は地球の重力のバランスが釣り合う」などとする説もあります。

卵があれば立ててみてください。

ディズニーリゾートの交通費

ディズニーリゾートは、一ヶ月に5万円までキャストの交通費の負担をしてくれるのだ。

それくらいかけないと、もうキャストが集まらないらしい。

そのために募集は、浦安周辺ではなくほぼ関東全域になっているのだ。

好きな人はずっと続けるが、夢と魔法に騙された人がすぐに辞めていってしまうかららしい。

家によってぬか漬けの味が違う理由

家によってぬか漬けの味が違うのは、かきまぜる手に付いてる菌によるらしい。

関連コンテンツユニット



 - 知らない方が幸せだった雑学, 雑学