都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

メディアが隠す世界のタブーpart2(伊勢神宮の灯篭に刻まれたダビデの星他)

   

Sponsored Link

メディアが隠す世界のタブーpart2です。

自民党の正体

自民党は、サラリーマンを「奴隷化」しようとたくらんでいます。

「支配者階級」と「奴隷階級」の2つに分けるのが、真の目的である。

安倍は、われわれの前で、誠実でやさしい人間を演じているが、 本当はおそろしい人間である。

サラリーマン全員を「過重労働」させて、地獄に落とそうとしているのだ。

政治の腐敗を導いたのは有権者が原因。

普段から政治に興味が無い人間が、 選挙の時だけマスコミ煽られ、 聞えのいい政策ばかりを並べた候補者に投票すれば、 政治の劣化が進んで当たり前である。

選挙に行かない人が多くなれば、 組織票の影響が大きくなり、 既得権の肥大化が進み、 政治が劣化して当たり前なのだ。

原子力村は典型的な例である。

国民の政治無関心の皺寄せは、 結局、選挙権の無い子供達が、 背負う事になってしまいます。

私は政治に興味が無いと、 無関心のままで良いのでしょうか?

伊勢神宮の灯篭に刻まれたダビデの星

天皇家の家紋である菊の御紋 『菊』は『キク』の音読みしかなく、訓読みがないのだ。

すなわち、菊は外国の花である。

日本の天皇家がわざわざ外国の花を家紋にしてる謎である。

他方、世界的な菊の産地はメソポタミアである。

ダビデ王の嘆きの壁に彫らている花も『菊』

豊葦原の中つ国 豊かに葦が生い茂る中洲の国 『葦』とはパピルス パピルスが生い茂る中洲の国である。

Sponsored Link

これはすなわちメソポタミアである伊勢神宮のご神体である鏡に彫られている文字である。

これは古来、神代文字と呼ばれ、誰も読めないと言われいていた。

ところが、この神代文字を解読した人間がいたのだ。

その人物とは、明治政府の初代文部卿である森有礼である。

森は、廃仏毀釈の進捗状況について全国を視察した際に伊勢神宮に立ち寄った。

その時、森はご神体の鏡を拝む機会に恵まれる。

この鏡を見た森は思わず絶句した。

なぜならば、その鏡に彫られていたのは神代文字などではなくヘブライ文字だったのだ。

森はなぜヘブライ文字を解読できたか。

森は西欧文明を知るために英国に留学経験があった。

西欧文明を知るにはキリスト教を知らねばならない。

キリスト教を学にあたり、森はギリシャ文字とヘブライ文字を習得していたからである。

その日宿に帰った森は『森有礼の日記』この日のできごとを書き留めている。

そして昭和初期、この『森有礼の日記』は出版されたが、軍部によって発禁処分を受け、ほとんど現存しない。

各国の夏休みの長さ

オーストラリア・・・1ヵ月半

スペイン・・・1ヶ月

スウェーデン・・・年齢に応じて25日から32日

オーストリア・・・35日

フランス・・・5週間+労働時間が半分になる日が2週間

ポーランド・・・46日10年以上働いてる人は+10日

ドイツ・・・最低33日・最大37日

イタリア・・・最低32日・最大42日

ノルウェー・・・平日だけで25日

日本・・・3日

 

 

Sponsored Link

 - メディアが隠す世界のタブー, 世界のタブー