都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知らない方が幸せだった雑学part39(新撰組の池田屋事件で有名になった池田屋の現在他)

   

Sponsored Link

知らない方が幸せだった雑学part39です。

新撰組の池田屋事件で有名になった池田屋の現在

新撰組事件で有名になった池田屋は現在

新選組をテーマにした居酒屋「海鮮茶屋 池田屋 はなの舞」を開業している。

当地には、佐々木旅館の縁者が建立した「池田屋騒動之址」と刻まれた石碑がある。

作業着に着替える行為も「業務」に含まれる

就業規則で作業着など会社指定の服の着用が義務付けられている場合 作業着代金は会社側に出す義務がある。

そして通勤時の私服から作業着に着替える行為も「業務」に含まれるのだ。

当然、「着替えてから始業時間に仕事開始」の場合 着替えをした時間分、時間外手当てがもらえる。

サラブレッド型と言われている馬

現在日本で競走馬などに用いられている、サラブレッド型と言われている馬は明治になってから日本に来たこと。

戦国時代などみんなポニー的な小さい子供が乗るような馬に乗っていて、 騎馬隊みたいなのも基本的に馬から降りて戦っていた。

かのマリリン・モンローの美脚を作り出した敬意

かのマリリン・モンローの美脚を作り出したのは、幼少期に親がピッタリサイズの靴ばかり履かせてたかららしい。

「すぐ大きくなるから」と大きめの靴を買い与えてると、脚も足も不格好になるんだとか。

回転すしの人気ネタのエンガワ

じつはヒラメのエンガワでなく、巨大カレイ(体調2~2・5m)のものである。

Sponsored Link

本物のヒラメのエンガワは一匹から3、4かん分しか取れず高級品なのだ。

巨大カレイに慣れた人が本物のエンガワを食べると油分が少なくて美味しくないという。

眠狂四郎シリーズの田村正和

眠狂四郎シリーズでカッコよさ抜群の田村正和だが、 市川雷蔵の逝去後

映画版で松方弘樹が狂四郎役を演じた際、 田村正和は仇役(悪役)を演じていた。(昭和44年)

保健所の、処分待ちのケージにいる犬で一番多い犬種

保健所の、処分待ちのケージにいる犬で一番多い犬種は、1~2年前に流行した種類である。

犬種ごとで流行りすたりがあるのは、日本独特のものなんだそうな。

中央競馬の馬運車

中央競馬の馬運車には、 「シンザン号」「シンボリルドルフ号」など 歴代ダービー馬の名前がつけられている。

海外ではカメムシを食べる地域がある。

アフリカでは茹でて臭みを抜いてから乾燥させて食べる。

東南アジアでは、臭いつきのまま調理している。

アメリカのハイソ層でプリウスが売れる理由

アメリカのハイソ層でプリウスが売れて、同じハイブリット車であるシビックハイブリット等が、 売れないのは、見た目でどうかがわかりやすいからである。

つまり「私はハイブリットカーに乗っていてエコを考えていますよ」というエゴでしかないのだ。

Sponsored Link

 - 知らない方が幸せだった雑学, 雑学