都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知らない方が幸せだった雑学part38(ヒトラーが兵隊用携帯食料に納豆を採用しようとしたことがある他)

   

Sponsored Link

知らない方が幸せだった雑学part38です。

海外向けインスタントラーメン

日本で作られているインスタントラーメンは海外にも輸出されている。

しかし、日本とヨーロッパでは食品添加物の基準が違うためである。

同じ製品でもヨーロッパ向けの製品の方が添加物が少ない。

明治神宮のモデル

明治神宮のモデルになったのは京都府向日市にある向日神社である。

市内では名は知れてるが、 京都全体や全国区では全く無名と言っていいローカル神社である。

金箔入りのお酒

金箔入りのお酒の「金箔」には、健康上何の効果も価値も無いということである。

「金」=高価な物 というただのイメージだけのものなのだ。

ポケットモンスターに出てくる「ユンゲラー」

ポケットモンスターに出てくる「ユンゲラー」は自分の名前から取ったものだとユリ・ゲラーが任天堂を訴えたのだ。

しかし任天堂側は 「ユンゲラーは超能力を使うという設定のポケモンなのだ。

ユンゲラーとあなたを繋ぐには、あなたが超能力者であるという証拠が必要です。裁判を続けるならその証拠を提示してください」と反撃したのだ。

そしてユリ・ゲラーは裁判を取りやめた。

エジソンの本性

実はエジソンはほとんど有用な発明はしていないのだ。

発明した人のパテントを取得しただけなのである。

実は電球の発明も別人で、特許裁判起こして横取りしようとしたけど裁判負けそうになったから和解して金を支払い自分の会社に発明者を入れてパテントをとったのだ。

その他、いろんな場所で特許侵害の裁判起こして人の発明を横取りしている。

Sponsored Link

森鴎外は潔癖症

森鴎外は潔癖症で、生ものを食べる事をとにかく嫌ったのだ。

そんな彼の得意レシピは、饅頭茶漬けと煮込みみかんである。

ヒトラーが兵隊用携帯食料に納豆を採用しようとしたことがある

ヒトラーが大豆の栄養価に注目し兵隊用の携行食料に採用しようとしたことがある

がしかし、そこでセレクトしたのがよりによって「納豆」なのだ

詳しい結果は記録に残ってないが匂いが問題で現場から拒否をくらったらしい

格闘ゲーム大手のSNK

格闘ゲーム大手のSNKは「新日本企画」の略である。

餓狼伝説にキムカッファンが登場した経緯

韓国進出を狙っていたSNKが、コネクションの取っ掛かりとしたのが韓国のネオジオサードパーティ「ビッコム」社の社長だったのだ。

そしてSNKは彼への一種の接待として、開発中のソフト『餓狼伝説2』に登場させる予定の韓国人キャラの名前に彼の名前を使いたい、と持ちかけた。

彼の示した条件は次のものだった。

強くしろ(ぶっちゃけた話、最強にしろ)

正義のキャラにしろ

イケメンにしろ

妻と子供も出せ

そして彼の名前はキム・カッファン(金甲煥)となった。

そんなわけで、『餓狼伝説2』のキム・カッファンはゲームバランスを崩すほど強く、 歯が浮くほどにこやかに正義を語る若い屈強な男となった。

そして、キム・カッファンのステージの背景には、要望どおり妻と二人の息子がいる。

むろんこんな不自然なキャラなもんで、当時のゲーム雑誌のパロディ投稿では 「さわやかに正義を語りながら人をボコる腹黒野郎」というキャラに落ち着いた。

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 知らない方が幸せだった雑学, 雑学