都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知らない方が幸せだった雑学part23(エジソンの息子の1人)

   

Sponsored Link

知らない方が幸せだった雑学part23です。

ケータイの電波や人工甘味料などが人体に与える影響

ケータイの電波や人工甘味料などが人体に与える影響は数十年先にならないと明確にならない。

そして今使用している人が実験台のようなものである。

トルコなどの海外の一部の国では、お土産などでアンティークを購入した時は注意

トルコなどの海外の一部の国では、お土産などでアンティークを購入した場合、出国するためには、正式な書類を持っていないといけない。

もし持っていなかった場合、刑務所に入れられる可能性が高いのである

奈良の大仏と水銀汚染

奈良の大仏は金を塗るときに大量の水銀を使った。

若草山には木が生えないのはそのせいである。

そして当時の奈良の都は、水銀中毒の症状を発症する人だらけになった。

聖武天皇と行基は良かれと思ってやった大事業だったが 結局、遷都せざをえなくなった。

お笑い芸人の山本高広は驚異的な晴れ男

織田裕二などのモノマネで有名なお笑い芸人の山本高広は自身のブログでも「僕がいる場所は必ずと言っていいほど、ほぼ晴れなんです」と言うほどの驚異的な晴れ男。

観測史上最大規模の台風の進路を逸らし、秋田県では建物の外に出る度に夕立が止む(計3回)、

福岡に行った際、台風接近で降水確率90%だったにもかかわらずステージに立つと晴天になった。

電気自動車やプラグインハイブリッド車でエコな生活ができるのはごく一部の富裕層のみ。

車庫に電気工事が必要だったり、少なくともコンセントが必要なので、マンション住まいではムリである。

Sponsored Link

「ミーハー」という言葉の由来

「ミーハー」という言葉は 大正時代、役者や歌手等に熱中する若い娘達の名前に 「みち子、みよ子(みいちゃん)」「はな子、はつ子(はあちゃん)」等が多かったために付けられた

意外に由緒正しい言葉である。

発明王エジソンのライバル

発明王と言えばエジソンに与えられた称号だが、実はそのエジソンのライバルとまで呼ばれた影の発明家がいたのである。

彼の名前は「ニコラ・テスラ」と言い、エジソンの影に隠れてしまい彼の名を知る人は少ない。

しかし交流電流、ラジオやラジコン、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明品を残している。

ニコラ・テスラはエジソンの工場で働いていたが約束された報酬がもらえなかったためにエジソンに敵対した。

そしてエジソンに対抗する発明を続けたのだ。

たとえば直流に対して交流の実用化、電球に対して蛍光灯等である。

エジソンの息子の1人

エジソンの息子の1人、ダッシュ=エジソンは エジソン以上の奇抜な発想をするかなりの劣等生だった。

しかしエジソンの息子という肩書きを利用し会社を興して、 「考えたことが写せる機械」などの開発と騙して金を集めたが、誰も訴えようとしなかった。

しかし後に父のトーマス・エジソンに告発されたが、二度と会社を興さない代わりに 牧場と週に200万円相当の仕送りを受けるという契約を父と交わし、死ぬまでのんびり過ごした。

 

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 知らない方が幸せだった雑学, 雑学