都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

ファイナルファンタジーXV発売!ファイナルファンタジー都市伝説

   

Sponsored Link

もうすぐファイナルファンタジーXVが発売間近のファイナルファンタジーについての都市伝説についてまとめてみました。

ファイナルファンタジーという名前の由来

制作当時、それまでのスクウェアの業績があまり芳しくなかった。

そのため制作者たちの間でもおそらく最後の作品になるであろうという意味を含めて付けられた名称だったのだ。

しかし、思いがけずヒットし、『ファイナルファンタジー』は同社の看板作品となったのだった。

セフィロスとエアリスは開発段階では腹違いの兄妹という設定だった。

そのなごりでセフィロスとエアリスの前髪の形が似ているのだ。

ファイナルファンタジー7のヒロインの一人ティファは初期案はミニスカじゃなくてスパッツだった。

開発室の人にアンケート取ったら圧倒的にミニスカ派が多かったためらしい

FF7のエンディングにユフィーとヴィンセントが登場していないのだ。

二人ともパーティーメンバーにしていなくてもゲームをクリアできるからである。

ティーダの初期デザインは元は黒髪だった

沖縄の方言ではティーダは「 太陽 」という意味である。

そのため明るいイメージを強調させるために黒髪から金髪に変更されたらしいのだ。

FF3のラストダンジョンは開発中「簡単だ」と言われた為セーブポイントがなくなった

そのためにセーブがないのに異様に長いのだ。

FF7とFF10は同じ世界である

FF10の2000年後がFF7なのだそうだ。

FF4の四天王の名前の由来はダンテの『神曲』よりとられた。

火のルビカンテは地獄の処刑人(処刑悪魔)。

風のバルバリシアはマレブランケの副隊長『バルバリッチャ』。

水のカイナッツォはマレブランケの一員『カニャッツォ』。

土のスカルミリョーネはマレブランケの一人『スカルミリオーネ』。

FF6のラスボスであるケフカはシドの魔導研究で心が壊れた

そのため人格が崩壊しており、口調は状況によって丁寧語であったり、乱暴なものであったり、幼児語であったりする。

超凄腕プログラマーナーシャ・ジベリが手掛けたプログラムが凄過ぎて他の人では解析出来ず、FF3が長い間移植されなかった

ゲームに出てくる飛空挺を動かすのにバグを利用して更に四倍のスピードで動かすことができた。

そして移植しようにも理解出来る人間が居なかったので、見た目は同じだが、中身を作り直した為にFF3のリメイクは遅れたのでは?と言われている。

ちなみにこれを手掛けた天才的プログラマーはナーシャ・ジベリイランの王族であり聖剣伝説2のプログラムも手掛けた

大コケした映画が存在する

リアルモデルのみの“役者”による世界初のフルCG映画である。

Sponsored Link

制作費1億3700万ドル(157億円)に対して全米での興行収入は3200万ドルであり、これは興行として見た場合、完全な大失敗であのだ。

最終的な赤字額は『天国の門』や『インチョン!』を上回る約5190万ドルに上った。

この記録的大不振は、ギネスブックにも載ってしまうほどであった。

そしてそれが原因でスクウェアは経営不振に陥ってしまう。

そして映画がコケたためアニメ「FF:U」は打ち切られた

本来は1年間で52話のTV放送を予定していたが、スポンサーであるスクウェアの業績悪化にともない、25話で打ち切られたのだ。

アニメ以外のメディアによる続編も中断され、物語は未完の状態が続いている。

ファイナルファンタジーIV』は元々『ファイナルファンタジーV』として企画されたものである。

FC版「FF4」とSFC版「FF5」は同時に開発されていたものの「FF5」の方が開発状況が先行したためそちら「FF4」として発売した。

そのためFC版「FF4」の案は最終的に「聖剣伝説2」として発売したのだ。

チョコボの名前の由来はチョコボール

鳴き声も「クエッ」っと同じである。

スポンサーリンク

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - ゲーム都市伝説, 都市伝説 ,