都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

『君の名は。』のモデル諏訪湖都市伝説

      2016/11/27

Sponsored Link

『君の名は。』のモデルとなった諏訪湖の都市伝説についてまとめています。

諏訪湖は、長野県岡谷市や諏訪市や諏訪郡下諏訪町にまたがる湖の事です。

河川法では、天竜川水系の一部として扱われています。

湖沼水質保全特別措置法指定湖沼です。

1922年(大正11年)2月11日、日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪リンクで行われました。

また、最近大ヒットとなっている映画『君の名は。』のモデルとしても一躍有名となりました。

そんな浪漫溢れる諏訪湖の都市伝説についてまとめてみました。

諏訪湖に残る埋蔵金伝説

かの有名な戦国武将武田信玄が「自分が逝去しても3年間は秘密にせよ。 亡骸は甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ」

と遺言を残したという伝説があります。

この話は武田信玄の歴史をつづった資料である『甲陽軍鑑』にも掲載されています。

金脈を掘り当てた信玄は埋蔵金を隠したといわれ、亡骸はとともに沈めたとの説もあるそうで埋蔵金伝説につながっています。

1986年には国土地理院の調査で、湖の底に一辺が25メートルの、自然にできたと思えない菱形の物体が発見されました。

これは水中墓ではないかと話題になりました。

しかし、底は泥が多く、調査は打ち切られ、謎のままとなりました。

実際に諏訪湖の下水には金が含まれている。

長野県諏訪市の下水道処理施設で処理する汚泥に多量の金が含まれていることが判明した。

この汚泥を処理した「溶融飛灰」を金属精錬会社へに売却することで 500 万円もの収益を得られたと長野県諏訪建設事務所が発表したのだ。

この下水道処理施設は工業用下水の処理も行っており、諏訪湖周辺には半導体工場やめっき工場が集積しているために下水に多くの貴金属が含まれていたというのだ。

従来、この溶融飛灰は産業廃棄物として処分しており、年間 700 万円ほどの処理費用がかかっていたのだが、この費用を削減できるうえに収益にもなったのだ。

諏訪湖で見られる御神渡りという現象

信州最大の湖の諏訪湖は、毎年冬に全面結氷します。

Sponsored Link

年により、その氷の厚さが10cm以上になり、零下10℃程度の冷え込みが数日続くと、湖面の氷が大音響と共に山脈のように盛り上がる「御神渡り」が見られます。

これは、気温の上下に寄って氷が膨張と収縮を繰り返すことによって複雑なメカニズムで起きる自然現象なのですが、何年かに一度、最高50cm~1mもの高さで湖岸から湖岸まで数kmに渡り「氷の道」ができる光景は不思議なものです。

この現象は500年前から観測されており。

それにより占いがなされていたようです。

スポンサーリンク

Sponsored Link

 - 地域都市伝説, 都市伝説 ,