都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知っていると役立つ雑学part1(頭皮からフケが出ない方法他)

   

Sponsored Link

知っていると役立つ雑学をまとめてみました。

頭皮からフケが出ない方法

痒くても掻かない(汗かいた時はシャンプーまたは冷やす)どうしても痒いときは軽く触るくらいにしておく。

シャンプーする時は爪を立てずに優しく。

少量で泡立てる。

しっかりと洗い流して汚れを取る。

洗い流しすぎというくらいに流すのがポイント

これはリンスやトリートメントも同じ。

また流す時の温度はぬるめにする。

ドライヤーの温度を高くせず、できるだけ熱くしない。・

シャンプー後早めに乾かす。

乾かす前、乾かした後にホホバオイルまたはアルガンオイルを付ける、これは1プッシュくらいで毛先に馴染ませるといい。

自分に合う皮膚科の薬を使う。

シャンプーは刺激が少ないものを使う。

マジ、ビビる、ムカつくは最近の若者言葉と思いきや、じつは古くから使われてきた言葉だった。

「モテる」

「モテる」は江戸時代から使われている言葉で、「持てる」が語源とされています。

「持てる」には「持ち得る」の意味があります。

そこから「持ちこたえる、保ち続けられる」、 そして「支えられる、支持される」という意味に派生し、最終的に「もてはやされる」という意味になっていったのです。

昭和中期辺りからカタカナを併用した「モテる」という表記も広く知れ渡っていきました。

「ビビる」

「ビビる」が使われ始めたのは、なんと平安時代からである。

これは大軍が動き、鎧が触れ合ったときに「ビンビン」という音が響くことから「びびる音」と呼んでいたのです。

平家がいっせいに飛び立つ小鳥の音を、源氏軍が攻め込んだ「びびる音」だと勘違いして、ビビって逃げたという話は有名なのです。

江戸時代には「はにかむ」という意味でも使われていました。

「マジ」

江戸時代に芸人の楽屋言葉として使われていた「マジ」という言葉です。

楽屋言葉とはいわゆる業界用語のことです。

「マジ」は「真面目」「真剣」「本気」といった意味からきており、1980年代に入ってから、若者を中心に流行していきました。

1810年頃の歌舞伎に「ほんに男猫も抱いて見ぬ、まじな心を知りながら」というセリフがあったといわれています。

「ムカつく」

平安時代後期から使われていた「ムカつく」は、体調がすぐれないときに使う言葉である。

Sponsored Link

胃が胸やけを起こしていたり、吐き気を催している状態のことを指します。

今でもその通りの意味で使われることもありますが、1970年後半以降は「腹が立つ」という意味合いで使われてきました。

イルカのいる水族館に行くときに売店でイルカのぬいぐるみを買って行くといい

イルカのいる水族館に行くとき 最初に、入り口の売店でイルカのぬいぐるみ買っていくのオススメである

これはぬいぐるみを持って水族館廻るお客さんなんて、ほとんどいないからイルカの水槽の前で、

ぬいぐるみ見慣れないイルカ達が 「何これ?友達?」みたいにわんさか寄ってきて、アピールしていくのだ。

スポンサーリンク

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 知っていると役立つ雑学, 雑学