都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

知っていてもまったく役立たない雑学part24(ルーズソックスはアメリカ発祥他)

   

知っていてもまったく役立たない雑学part24です。

ソフト麺を製造していた会社

給食のソフト麺を作っていたのはベビースターラーメンの会社である松田食品です。

ちなみに現在の社名はおやつカンパニーです。

ルーズソックスはアメリカ発祥

女子高生の間で大ブームを巻き起こしたルーズソックスはアメリカ発祥である。

これはニューヨークのソックスメーカー社長、エリック・スミスが 1982年に老若男女がリラックスしてはけるソックス、として売り出したのだ。

それが1992年に日本に上陸したところ女子高生の間で一気に流行した。

ちなみにルーズソックスという呼び名は日本独特の呼び名である。

ヨーロッパでは「自然にずり落ちるソックス」の意味で「スラウチソックス」

アメリカでは「ブーツソックス」と呼ばれている。

スニーカーという言葉の意味

スニーカーという言葉の意味は「忍び歩く人」でる。

これを最初に発明したのはブラジルのインディオと言われています。

製造方法は足を生ゴム液にひたしてそれを固めて靴にしていた。

しかし天然ゴムのままだと気温によって硬さが変化したりもろくなったりするのが問題点であった。

これを解決したのは1930年代のチャールズ・グッドイヤーである。

生ゴムに硫黄を混ぜて加熱することで弾性を増し、硬さも安定したのだ。

現在のようなスニーカーが市場に登場したのは1917年アメリカである。

USラバー社が発売した「ケッズ」である。

発売当初は茶褐色のキャンバス地に黒のゴムソールという実用本位のものだったがその後様々なデザインや改良が行われ現在の形になっていった。

シュウマイの発祥の地

シュウマイの発祥の地は日本の横浜である。

「焼売」という料理は中国にあったが、 これは残り食材を小麦粉の皮で包んで焼いたものであり現在の蒸すタイプのものとは違い勿論グリンピースも乗ってないのだ。

名前だけもらっただけで全くの別物である。

韓国の学校には生徒の有給休暇が存在する。

韓国の学校では生徒の有給休暇とでもいうべき制度があって、全員に年で一週間、 遊ぼうが家族旅行に行こうが自由に使っていい枠があるのだ。

ちゃんと届け出を提出していれば欠席扱いにならないそうだ。

日本一長い名前と日本一画数の少ない名前

日本一長い名前は野田江川富士一二三四五左衛門助太郎さんである。

そして日本一画数の少ない名前 一一(にのまえはじめ)さんでる。

江戸時代にも「100円均一ショップ」は存在した。

江戸時代にも、いわゆる「100円均一ショップ」は存在したのだ。

それは「十九文店(じゅうくもんみせ)」といい、 1723年頃こういう商売を始めた者がおり、繁盛したことからまたたく間に増えたのだ。

一度廃れたが1804年頃また流行った。

この時には物価の値上がりで「三十六文店」になっていた。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット



 - 知っても役にたたない雑学, 雑学