都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

天空の城ラピュタの都市伝説(未来少年コナンは天空の城ラピュタの未来の話他)

   

Sponsored Link

天空の城ラピュタにまつわる都市伝説についてまとめてみました。

バルスの語源

トルコ語の「bans(バルシュ)」 トルコ語の「bans(バルシュ)」であると言われている。

天空の城ラピュタでは、物語の終盤に主人公のパズーとシータが一緒に唱える滅びの呪文がある。

それが、「バルス」です。

実は、このバルスは社会現象にもなっており、天空の城ラピュタの内容を知らない人でも、この呪文だけは知っている人が多いと言われています。

色々と諸説はあるが、その中でも一番信憑性が高いのが、トルコ語の「bans(バルシュ)」という言葉ではないか?というものです。

このバルシュには、「平和」という意味が込められているのです。

滅びなのに平和というのはどこか結びつかないような印象を持つかもしれません。

劇中では2人が「バルス」と唱えると、ラピュタが崩壊します。

だが、それにより人々は助かるし、二人も助かりました。

未来少年コナンは天空の城ラピュタの未来の話

未来少年コナンは、天空の城ラピュタの未来の話である。

未来少年コナンで世界征服を目論むレプカは、天空の城ラピュタのムスカの末裔とされている。

これは『ジブリ・ロマンアルバム 天空の城ラピュタ』に記述がある。

幻のエンディング

スタジオジブリの傑作アニメ「天空の城ラピュタ」には2パターンのエンディングが存在するという話が存在します。

普通良く見るエンディングロールでは、巨大な飛行石を抱えた巨木と共にラピュタが天へ昇って行くというものです。

幻のエンディングでは空賊たちと別れた後に、パズーがシータの村に行き2人で握手をして別れるという内容なのです。

これは実在する証拠はなく真偽の程は不明ですが、目撃情報も多く有名なので今では「幻のED」として定番都市伝説となっています。

ムスカのもう一つの名前

ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ ムスカにはもう1つ名前が存在します。

古い秘密の名前で「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」といいます。

Sponsored Link

実はムスカもラピュタ人だったのです。

さらに「ウル」という名前があるので「王」であることもわかります。

シータの一族とムスカの一族はもともと1つの王家だったのです。

シータのもう1つの名前

リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ

「ウル」はラピュタ語で「王」、「トエル」は「真(まこと)」という意味です。

すなわち、シータは「ラピュタの正統なる王位継承者リュシータ王女」なのです。

スポンサーリンク

Sponsored Link

 - ジブリ都市伝説, 都市伝説