都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

シティハンター都市伝説(冴羽獠は飛行機に乗れない他)

   

Sponsored Link

シティハンターの都市伝説についてまとめてみました。

冴羽獠のトラウマ

漫画、アニメ共に大人気の名作で北条司氏による漫画作品であるシティハンターの主人公、冴羽リョウ。

彼は幼い頃の飛行機墜落事故のせいでトラウマで飛行機に乗れないという裏設定が存在していました。

しかしアニメスタッフがこの設定を知らずに北条司に無断で設定を変更してしまい、勝手に冴羽獠が飛行機を
操縦するシーンを追加し放送してしまいました。

そのために原作マンガの設定を変更せざるを得なくなった。

冴羽獠の本当の年齢

冴羽りょうの年齢は飛行機事故により、家族、記憶、身分証を失くしたため不明であると言われている。

冴羽獠のモデルは神谷真人

冴羽獠は北条司の同作品であるキャッツアイの神谷真人を元に作られたらしい。

伊倉一恵は二日酔いの状態でシティハンターのオーディションに受けた

槇村香の声優。シティーハンターのオーディションを二日酔いの状態で受けたらしい。

アニメ版シティハンターに混入されたサブリミナル映像

1989年12月24日に放映された『CITY HUNTER 3』第11話クリスマスにウェディングドレスを…(後編)において、

サブリミナル効果を狙ったとされる画像が混入していました。、最初にこの問題が明らかになったのは1995年5月のTBSの報道によるものでした
しかも混入していた画像というのが、1995年当時、松本サリン事件や地下鉄サリン事件などで騒がれていたオウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)被告の顔写真だったことから、

当時のマスコミはまるで鬼の首を取ったかのような大騒ぎでした。

これに関して当時のマスコミはサブリミナル効果を狙ったと決め付けて報道していました。

しかし実はこれ、1980年代初め『うる星やつら』の頃から当時のアニメ作品では当たり前のように用いられていたお遊びと言われています。

爆発シーンや殴られるシーンなどに1カットだけイタズラ書きした絵を挟み、アニメファンがビデオでそれを録画してコマ送りで見て楽しむといったファンサービスの一種だったと言われています。

Sponsored Link

イタズラ画像も多岐に渡り、下らない文章が書かれていたり、またモブ(群衆)シーンに他作品のキャラクターが混じっていたりして、当時のアニメ雑誌には専用の投稿コーナーがあったと言われています。

1989年の本放送当時、1990年2月の衆議院選挙に松本智津夫被告らオウム真理教の複数の信者が出馬するということで話題になっていた真理党が選挙用のPRチラシを大量に配っており、たまたまアニメ制作会社サンライズの郵便受けに入っていたこのチラシを見た制作スタッフが、チラシの画像を『CITY HUNTER 3』第11話の本編に挟み込んだというだけだったりします。

今からすれば不謹慎だと思われそうですが、1989年当時のオウム真理教は表面的にはおかしな新興宗教団体くらいにしか思われておらず、

また松本智津夫被告も空中浮遊をする変なおじさんというのが世間の捉え方でした。 このお遊びの手法は1990年代前半まで続きましたが、オウム真理教事件に絡んで『CITY HUNTER 3』が問題になってからは、コマ送りの楽しみを埋め込んだアニメはほとんどなくなってしまいました。

スポンサーリンク

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - アニメ漫画都市伝説, 都市伝説