都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

技術の都市伝説(人類の技術力の限界等)

      2016/03/21

Sponsored Link

技術の都市伝説についてまとめてみました。

人類の技術力の限界

世界中のほとんどの人間は、核戦争や天変地異が起きない限り、21世紀も22世紀も人類は繁栄を続けると漠然と考えていわれている。

しかし実は2045年あたりを境に人類の技術力は限界に達して衰退、滅亡へとシフトする可能性が指摘されているという事が噂されている。

反重力装置は既に存在している。

反重力装置はもう完成していてUFOが世界中の空を飛び回っている

日本のパイロットはそれを報告すると精神異常者としてクビになる

それらをレーダーで発見目視しても無視するのが暗黙の了解と言われている

GPS技術の悪用

GPS技術は全て外部からコントロール可能で理論的には現代人の成人の移動記録は逐一監視記録されている

SuicaやETCもその類である。

日米安保とテロ特措法を根拠に行われてるが基本的人権を侵害する明らかな違憲状態自衛隊と同じである

そのためにオバマは一部運用を制限しようとしてるが現実的に厳しいと言われている。

昔の電化製品が叩くと治った理由

電化製品の初期の頃は、接触不良による故障が多発していた。

テレビは初期の頃、真空管を使用していたための接触不良が多発し、同様に古い電化製品は磨耗などによる接触不良が多かったと言われている。

内部に溜まった埃や塵がその原因である場合が多く、叩いて振動を与えるれば埃や塵が落ちるので、直ることが多かったというのは事実である。

現在も、電化製品の修理の際にはまず内部の清掃をする。

これで直ることも珍しくない。

また昔の電化製品は内部の構造が単純だったため、衝撃により接触不良箇所が一時的に改善されることもあった。

すなわち、どんな故障でも「叩けば直る」訳ではなく、特に、気密性の高い現在の電化製品では、効果はほとんど期待できない。

また最新の電化製品などは衝撃を与える行為は本来正常な部分にまで不具合を発生させる可能性もあるので注意が必要である。

使い捨てカイロを初めて作ったメーカー

使い捨てカイロを始めて発売したのは、お菓子メーカーのロッテである。
これは、お菓子の中に入れる脱酸素剤の効果の大きい技術を開発していた時に偶然発見されたためである。

缶切りが発明されたの日

缶切りは缶詰が出来てから48年後に発明された。

Sponsored Link

LED電球の危険性

政府は、省エネ対策の一環として電力消費の少ないLED照明の普及を促すため、電力効率の悪い白熱灯に対する規制を強化する方針を示しました。

政府はこれまで、LEDや蛍光灯について一定の省エネ基準を満たすことを製造業者や輸入業者に義務づけてきましたが、

安倍総理は経済界との「官民対話」の中で、来年度から電力効率の悪い白熱灯も新たに規制の対象に加える方針を明らかにしました。

しかし噂としてLED電球は電磁波が強く癌が発生しやすくなるとの噂がありLED電球は目にも悪く

ゴミとしてだすとかなりの危険物になり白熱灯よりも危険であるとの意見もあるというのだ。

スポンサーリンク

Sponsored Link

 - 都市伝説