都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

百均で買ってはいけない物

   

Sponsored Link

百均で買ってはいけない物リストを作りました

食料品全般

百均で売られているナショナルブランドの食品やお菓子は、通常より量が少ないものがある。

またスーパーなどで100円以下で売られている場合が多い。

スキンケア系

乾燥しやすかったり、肌が荒れてしまったりすることが多い

ドライバー

先端が弱くネジに負け、折れたり曲がったりする。

ボールペン

10本100円のペンはすぐ使えなくなった。

かなり得だと思って4色ペンを勝ったら、インクがすぐに出なくなった。

汗拭きシート

100円ショップの物は 非常に乾きが早く、水気も少ない。

雨合羽

材質がもろく、一回着ただけで破れることを覚悟したほうがいい

絆創膏

非常に剥がれやすく、水にも弱い。

洗剤

100円ショップで勝ったどこのメーカーかよくわからない洗剤と300~500円掛かる有名メーカーの洗剤とで比べてみれば分かることだが本当に汚れが落ちない。

というか水っぽく中身が薄いのが100円ショップの洗剤の特徴である。

洗剤ともなれば1週間、1ヶ月のように長期にわたって使う物になってくるのでそこに100円ショップの洗剤を採用してしまうと日常生活の一角が極端に不便になる。

マスク

通気性がかなり酷い、3分に一回は外して息継ぎをしないと酸欠で頭が痛くなり下手をすると病院行きになってしまうかもしれない最悪の100円アイテム。

おまけに材質も悪いから頬とかに当たる部分がチクチクとした不快な刺激を与えてくる。

爪切り

上手く切れないことが多い。

普通に買ってもあまり高いものではないので、あえて100円ショップで買うことはありません

アルミホイール、ラップ

百均よりドラッグストアやスーパーで買ったほうが安い場合が多い

ストッキング

薄く伝染しやすい。

モンキーレンチ

合わせが笑っています。

焼きが入っていない鋳造なので簡単に折れました。

折れた断面に気泡が入っていて作りが荒かった

粘着テープ

100円ショップのガムテープは、文具店やスーパーで買うより長さが短いケースが多い。

また粘着力は一般に強くない

靴下

ゴムが伸びやすい、穴が空きやすいといった理由でおすすめできません

乾電池

ノーブランド品の乾電池は、液漏れしていて使えないケースがある

カミソリ

刃物は上手く剃れないものが少なくない様子。

ものによってはドラッグストアのほうが安上がりです。

押入れ用の湿気取り

こちらもホームセンターで買ったほうが安い

Sponsored Link

ゴム手袋

手荒れで洗い物するために買ったが、ゴム臭い、箸とか洗うとすぐ破けるで、何度も買ってたが
ドラッグストアで200円ぐらいの日本製のプラスチック手袋買ったら臭わないしもう数ヵ月持ってる。

サングラス

レンズをちょっと押しただけでバキンって外れて使えなくなった

ティッシュペーパー

箱は古臭い上に、ドラッグストアで買うより高い

シリコン製のケーキカップ

何度洗って煮出しても臭い、 おまけに魚のすり身いれて蒸しかまぼこ作ったら見事に臭いが移って廃棄した。

鉛筆

削る度に芯が抜ける

コロコロの替え

1ロール100円だがホームセンターに行けば3ロールセット198円で購入できる。

シャーペンの芯

強度なくてすぐにボキボキ折れる

クルマのウィンドウの曇り止め

乾くにつれ真っ白になって、前が全然見えなくなった

スポンサーリンク

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 雑学