都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

バレンタインデー都市伝説

      2016/03/06

バレンタインデー都市伝説にまつわる都市伝説についてまとめてみました。

女子同士でのチョコレート交換

バレンタインデーに、女子同士でチョコレートを交換してしまうと、 その年恋愛運に見放され、恋ができないというジンクスがある。

バレンタインデーで渡す人の順番

バレンタインデーに、チョコレートを渡す順番には法則がある。

好きな人→ 家族→ 友達の順にしないと、不幸になるジンクスがある。

バレンタインデーに告白して成功すると

バレンタインデーに告白して見事成就、その日から付き合い始めたカップルは、 何故か長続きしない。

バレンタインデーの起原

バレンタインデーの起源は古代ローマ帝国の時代まで遡ると言われている。

当時、愛する者を故郷に残した兵士がいると士気が下がるとの理由で、兵士の結婚は認められていなかったのだ。

そんな時代、聖バレンティノは秘密裏に兵士の結婚式を行っていた。

しかし、結婚式を行っているのがばれてしまい、家庭と結婚の神である女神ユノの祝日2月14日に、見せしめとして処刑されたのだ。

この聖バレンティノにちなみ、キリスト教徒にとって2月14日が恋人たちの日とされ、それがバレンタインデーとなったのである。

海外では「恋人たちの日」であり、男女問わず花やお菓子をプレゼントしあうのである。

日本とは違い、男性が積極的に女性へプレゼントする日なのである。

チョコレートを送るようになった起原

チョコレートを贈るという習慣の起源にはいくつかあるのだが、

メリーチョコレートカムパニー &が伊勢丹で1958年2月に伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったことがある。

森永製菓が1960年に「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出し、さらには伊勢丹が1965年にバレンタインデーのフェアを開催し、これがバレンタインデー普及の契機となったとする説がある。

当時から輸入雑貨専門店ソニープラザがバレンタインデーにチョコレートを贈ることを流行させようと試みてマーケティングしたらしい。

手作りチョコレートに刻んだ爪を入れると両思いになるとう都市伝説

これは勘弁して欲しいのですがこのような体液や異物を入れると両思いにという噂がありますが全くの嘘であり。

それを知った男性はその人を嫌ってしまう可能性があるので絶対に辞めたほうが良いでしょう。

男性に向けたアンケートでは過半数の男性が手作りチョコよりもゴディバ等の普通のチョコレートの方が喜ばれる傾向があります。

スポンサーリンク

リンツ(Lindt) スイスラグジュアリーセレクション 145g

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説