都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

東京都市伝説 

      2016/01/30

Sponsored Link

東京にまつわる都市伝説についてまとめてみました。

新宿でテレビロケをする時

新宿歌舞伎町でテレビロケする際は必ず、ある裏社会の組織に話を通します。
無断で撮影したことがバレると、後から3000万円とかとんでもない金額を請求されることもあるので、はじめから話を通して、一日10万円程度で勘弁してもらう。

すると、ひとりのご老人を現場に派遣してきて、勝手に通行人整理する

渋谷公園にある大きなタイムカプセル

都内渋谷区の渋谷公園にある大きなタイムカプセルには、近隣の病院で病死した29歳男性の遺体が入れられていると云われており、
そのタイムカプセルの上に乗ると、49日以内に事故か重病に遭うと云われている。
ちなみに、その29歳男性は生前警察官だったり自衛官だったり挙げ句の果てには暴力団関係者だったりしていろいろな噂が混じってしまっている

大久保に存在する地下商店街

JR大久保駅からJR新大久保までの大久保通りの下に地下商店街が存在するという。

消防法の改正で閉鎖されたが、いまでもここで外国人主導の闇市が行われておりアンダーグラウンドな品々が取引されているという。

2ケ所ある地下への入口はビル内にあり比較的わかりやすいが普段はカギがかかっており入ることができない。

新宿猿

新宿歌舞伎町に夜な夜な現れ電線をブラブラ移動する巨大ザルがいるらしい。

電線からゴリラ並の大きさのサルが飛び降りてきてサラリーマンからカバンを奪い取るという。

ジーラは歌舞伎町の街頭防犯カメラにも撮影されておりサルというかUMA(未確認生物)扱いされている。

新宿マーキング男

新宿歌舞伎町に街頭カメラが60台以上設置されている。

しかしそのカメラの前で脱糞を続けている男がいるという。

このマーキング行為は午前3時ごろに行われている。見かけた人によると江頭2時50分にそっくりだったという。

サンシャインシティの13階段

サンシャイン60が建っている場所はかつて巣鴨プリズンと呼ばれる刑務所である。

そのサンシャイン60にはいまでも死刑台の13階段がサンシャインシティの地下に残っているという。

そこだけ古いのでわかりやすいらしいがあやまってこの13階段を登ってしまうと呪われて2週間以内に大怪我をするらしい。

なぜ撤去されずに残っているかというと、これを撤去しようとすると作業員に不幸が多発することから仕方なく残しているという。

渋谷区にあるモヤイ像

渋谷駅のハチ公の像からモヤイ像まで「タケシくん遊ぼう」といいながら自転車で移動するとその途中に少年像を見つけるらしいのだ。

この像に向かって「遊ぼう」というとタケシくんの幽霊がやってくる。

ちゃんと遊ばないとタケシくんに連れて行かれて行方不明になるらしい。

Sponsored Link

ホテルオークラ東京の秘密の地下通路

オバマ大統領の国賓として来日は、毎日大きく報道されているが、今回の宿泊先は東京にあるホテルオークラとなった。
ホテルオークラに隣接するアメリカ大使館へ秘密の地下通路があり、いざテロリストの襲撃にあった場合、この通路を使い逃亡できると言われている。

池袋周辺をウロウロしている怪人ペットボトルおじさん

頭に生茶のペットボトルをのせて颯爽と歩く50代くらいのおじさんがいるという。

固定しているわけではなく超人的なバランス感覚でのせているというのだ。

池袋の駅周辺やサンシャイン近辺でよく目撃されている。

またこの怪人に出会うと姿勢がよくなるという噂がある。

東京都小金井市に出没するツバくれおじさん

今月の頭から、東京都小金井市で、初老の男による不思議な事件が連続で発生している。

子供たちの間で噂されているのは「唾くれおじさん」という怪人物で、子供たちが公園などで遊んでいると、

突如自転車で現れ、フィルムケースを差し出すと「唾の研究をしているので、このケースにつばを入れてくれ」と言うのだそうだ。

女児がつばを入れると、その唾のケースを写真撮影し、立ち去ると言う。この初老の男、唾フェチなのだろうか。謎が深まる。

 

Sponsored Link

 - 地域都市伝説, 都市伝説