都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

絶対に表沙汰にならない環境保護のヤバイ話

      2016/01/11

Sponsored Link

絶対に表沙汰にならない環境保護のヤバイ話についてまとめてみました。

地球温暖化の本当の原因

大きい温暖化と寒冷化のローテーションは数千年
小さいのは三十年年程度である
温暖化の主な原因は二酸化炭素じゃなく太陽の活動である。

現代叫ばれている工場等からの二酸化炭素の排出はあまり関係がない

尚、地球上でもっとも二酸化炭素を排出するのは海であります。

今、世界中で二酸化炭素排出を規制する活動や地球温暖化を防止するため節電等を呼びかけているがそれは微々たる物である。

デンマークで行われているイルカ漁を環境保護団体が何も言わない理由

デンマークのフェロー諸島で行われているイルカ漁はお祭りです。

地元の住人、子供から大人まで大勢集まり追い込み漁が行われます。
和歌山のイルカ漁は日本人ですら知られていない小さな風習でしたが、こちらはスケールが違います。

デンマークでは環境保護団体が妨害活動を起こせないから日本をターゲットにしています。

それに捕鯨反対急先鋒であるオーストラリアでは
人魚の元となったジュゴン漁が未だに行われております
クジラやイルカを殺すな!といいつつ
俺ら豪州のジュゴン漁はセーフと勝手に決め付けております

ぺンシルベニア州セントラリアで発生した火災

米ペンシルベニア州セントラリア。
1962年に発生して以来、消火活動を諦めたため燃え続けている坑内(地下)火災。
セントラリアは連邦政府の退去勧告が出され、ゴーストタウンと化した。

地下で燃え続ける火は雨が降っても消えることはなく、いつ鎮火するのかは全く分かっていない。
自然鎮火までに必要な時間は数百年以上といわれています。

有名ブランド製の服から環境ホルモンが検出されている。

有名ブランドの服から環境ホルモンが検出されたと発表しました。

過度な接触を続ければ、生殖機能に影響する恐れがあります。

グリーンピースは、ユニクロなど有名ブランドのTシャツ、ジーンズ、下着などを購入し、第三者機関に調査を委託。

結果、有毒物質のNPEが検出されました。俗にいう環境ホルモンです。

今の地球の酸素量

今の酸素は大昔の半分。

二酸化炭素が1000ppm超えてた時代も普通にあった。

地球の大気は思ってるほど安定していないのである。

温暖化対策はただの経済封鎖

温暖化対策はアメリカが先進他国にかけた、ただの経済封鎖で間違いないと思ってる。

Sponsored Link

京都議定書にサインしないってのが大きな証拠である。

アルゴアなどはただのプロパガンダとである。

実は2酸化炭素を減らしても全く意味が無い

実は2酸化炭素を減らしても全く意味が無いけど
民衆には何か目標というか希望を持たせないといけないってことで
温暖化の事を持ち出したとか
ついでにそれ絡みでアメリカが金儲けできる仕組みに構築したとかしないとか
悪いのはゴアみたいなことが書いてあったような

昔の太陽電池は環境を汚染する可能性がある。

昔、太陽電池を作るときに大量のヒ素が出た。

そのときの太陽電池を処分するときにもヒ素が出る。

だから太陽電池はクリーンじゃない。

 

Sponsored Link

 - 表沙汰にならないヤバイ話