都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

植物都市伝説

      2016/01/04

Sponsored Link

植物に関する都市伝説についてまとめてみました。

クローン植物

クローン植物は無性生殖、いわゆるクローンを作って繁殖するものが存在する。

基本的に遺伝子は元の個体と同じである。

ジャガイモなどが有名である。

トマトに関して裁判があった

アメリカでトマトは野菜か果物かを争う裁判があったのだ。

判決は野菜である。

野菜を輸入する場合、課税されるので野菜か果物かはっきりさせる必要があったので裁判で争う必要があったらしい。

トマトには毒があると思われていた。

ヨーロッパに持ち込まれたときは、毒があると思われていたらしい。

オリーブは平和の象徴

ノアの放った鳩がくわえて戻ってきたことから平和の象徴とされる。

聖書とは関係なく太古からという説もある。

国際連合の旗のデザインにも入っている。

極楽寺薬草園岩手県北上市の極楽寺の遺跡の掲示板には、「医療として薬草の使用、浴湯・針灸・平癒祈願・呪術も行われていました。」と書かれている。

キノコの親は?

キノコは木の子供ではない。茸は菌類であるが、食物繊維が豊富である。

テキーラの材料

謎の白い液体リュウゼツラン(アガベ)を加工、絞ったものである。

Sponsored Link

植物に音楽を聴かせる

高尚な趣味植物にモーツァルトの曲を聞かせると成長が早くなったり、綺麗な花が咲いたりするらしい。なかには、ロックでもいいという説もある。

カエンタケと言うキノコ

化学兵器と同等レベルの毒性を持ち、
「森の中のマスタードガス」とも異名を持つ。そんな危険な毒キノコの
カエンタケが、今、主に西日本の山中に激増して生えている。しかも、
登山コースのすぐ近くにも生えてきている。
「触るだけでも死ぬ」可能性がある毒キノコなので、真っ赤な炎のような
形をしたキノコを見たら、要注意。

似たような形のベニナギナタケという食用のキノコと、森の中の
マスタードガスのカエンタケの見分けは、素人には困難を極める。

ハーブの香り

エアコンのフィルターか扇風機でもいいのでミントオイルのスプレーを数噴き
コレだけでゴキブリを含めた害虫類+ネズミを部屋の中から一斉に追い出せます
ハーブの香りは本来野生生物からしたら猛毒臭なのです(好むのは人間くらい)

銀杏の英名

銀杏の英名は「maidenhair tree」と呼ばれるが

こちらを日本語訳すると「乙女の毛の木」という美しく麗しい名前になる。
その乙女の毛とは女性のあそこの毛のことである。
葉の形が女性のあそこの毛の生え方に似ているかららしい

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説