都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

絶対にメディアで報道されない中国のヤバイ話

      2016/01/11

Sponsored Link

絶対にメディアで報道されない中国のヤバイ話についてまとめてみました。

中国でオカルト話はタブー

中国のメディアでは幽霊の話とかのオカルト関係は禁止されている。
なのでオカルト関係はわからないということで怖くない人もいれば
免疫がないので結構怖がる人もいるようだ
俺が話した中国人はあまり感心がないようだった

中国のトイレ

中国ではいまだにトイレ(厠)につながった場所で豚を飼っており、
人間のうんこを食べて太った豚を人間が食べるということをしている地域がある。

ブータンと中国の国境

ブータンは国境線の見直しで中国に国土のかなりを奪われてしまった。

中国から飛来する恐ろしい物質

いくら日本がクリーンに努力しても
中国のせいで日本は住めない場所になる。
PM2・5が、まもなくとんでもない毒性のものが中国から
飛来する。
中国は、
建物や道路や橋のほとんどが激しい手抜き工事なので自滅倒壊し始めてるのだ。
化学工場や細菌を扱う施設や薬品を扱う施設や原発も当然、自滅倒壊するか自滅倒壊のあおりで、
維持や制御は不可能になり、これらの瓦礫から飛散する毒物が黄砂やPM2・5と共に
北半球に拡散する。最初の濃い状態で日本に降りつづける。
このままなら中国は3年以内に完全に人が住めない状態になる。日本は2年遅れてその状態になる。

宦官と言われる制度

昔、中国で宦官って制度があったが
後宮の女官たちに仕えるために、あそこを切り落とした官史だが
宦官になるためにペニスを切り落とした後、抱えられながら
歩き回るのだそうだ。
それで血を止める事ができるのだと。
尿道に栓を差して、数日、のまず食わずで生活してから
栓を取って、たまった尿を出せば宦官になる。
死亡する例もあったが、こんな乱暴な手術で何とかなった。

中国では日本の子供が高額で取引されている。

中国では日本人の子供は中国人の15倍の値段で売れるようです。
しかし、今の日本では自分の子供がいなくなればすぐに事件となりますし、
自分の子供を売るような親もいません。そこで、中国人マフィアは偽装結婚
をした夫婦に子供を指定した病院で産ませ、病院から死産だったということ
で子供を入手するのです。

中国での人肉食(カニバリズム)の歴史

1644年、張献忠という盗賊が四川省を占領、3年間で四川省の人間はみんな食べられて全滅している。
四川大虐殺では人口600万だったのが1万8000人になった。「殺人競争」
1894年、殺人鬼アルバート・フィッシュの手紙「清の人肉市場では、ポンドあたり1~3ドル。
12歳以下の子供たちは全て食べ物として売られていた。

Sponsored Link

アルバート・フィッシュはそこで人肉の味を覚えたと言われている。
1965年、文化大革命。白昼堂々人肉宴会が行われ、生徒が教師を食べた。
百余の死体が香港に漂流して有名になった。

中国から飛散する黄砂

黄砂の飛散が少ないときはpm2.5の量が多くなる。黄砂が少ないからと言って油断してはいけない。

中国農村部の闇

昨今中国の躍進が大きく語られてるが物事には光と影がある
都市部の躍進は目覚しいものがあるが、そのため農村部や辺境地の
凋落は目に余るものがあるらしい
医者がいないので重病人は見捨てられる、新生児の死亡率
また幼児の10歳ごろまでの死亡率の高さはアジア最悪らしいとの事
また深刻な嫁不足のため近親相姦や嫁買いが横行してるらしい。
貧乏な一家が多いので嫁一人は兄弟の共有物でとされてしまっている。
子供は一家の子として育てられる。
環境汚染、食品汚染も惨く、奇形児の出生率も高い。

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 表沙汰にならないヤバイ話